がんばろう日本!!!

東日本大震災から早2週間、被害は拡大し、報道を見るたびに胸が痛くなります。


特に小学校が津波に遭い、未だに行方不明の児童や、震災孤児のニュースを見ると、同じ小学生の子を持つ親としていたたまれない気持ちでいっぱいです。自分に何ができるか、という事を毎日考えながらも、結局少しの募金くらいしか出来ず、悶々とした日々を過ごしています。


私が16歳のとき、大阪で阪神淡路大震災を経験しました。
その時の揺れは、今思い出してもぞっとするほどで、続く余震にこのまま地球が滅亡するのではないか。という恐怖心を抱きました。

幸い我が家には大きな被害はありませんでしたが、父の会社は神戸にあったために倒壊し、職場の同僚も沢山お亡くなりになりになりました。
当時父は私にはあまり不安や不満を口に出したりはしませんでしたが、会社が再建するまではきっと色んな苦悩があったのだと思います。バカ真っ盛りだった16歳の私には、そんな父の気持ちを思いやるという事ができず、毎日ヘラヘラと過ごしていました。
当時を振り返り、そんな自分がとても情けないです。


阪神大震災から10年経った頃、ホテルの上から神戸の町を見渡すことがありました。そこには震災があったことを忘れさせるくらい建物がならんでいて、しみじみ復興したなぁと感じました。
今このコールがある古田台から広島の町を見渡してみても、とても数十年前原爆が投下されたとは思えないほど町は整備されています。
今回の震災は津波の規模が大きく、時間はかかるかも知れませんが、きっとこの広島の町のように、そして神戸のように、必ず町は復興します!日本人には本当に力がある!と私は信じています。

現在避難されている多くは家や職場を失った方々だと思います。きっと不安でいっぱいだと思いますが、復興を信じて頑張ってください。


最後に、先日開会された、高校野球の開会式での選手宣誓にとても感動しましたのでご紹介します。(皆さんご存知だとおもいますが・・・)


宣誓。
私たちは16年前、阪神・淡路大震災の年に生まれました。

今、東日本大震災で、多くの尊い命が奪われ、私たちの心は悲しみでいっぱいです。

被災地では、全ての方々が一丸となり、仲間とともに頑張っておられます。

人は仲間に支えられることで、大きな困難を乗り越えることができると信じています。

私たちに、今、できること。それはこの大会を精いっぱい元気を出して戦うことです。

「がんばろう!日本」

生かされている命に感謝し、全身全霊で、正々堂々とプレーすることを誓います。




私も今、生かされている命に感謝し、日々を過ごしていこうと思います。
そして、今苦しんでおられる方々が一日でも早く普通の生活に戻れますように・・・
[PR]
by cmcweekly | 2011-03-28 09:16 | プライベート公開

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly