ある日の父と娘の会話

f0208667_1431560.jpg

娘『父さん、また釣りがしたいなぁ。』
父『去年はデンゴ(豆アジ)が、よう釣れたが最近は駄目じゃのぉ。』
娘『草津港は釣れんの?』
父『下見に行ってるが、皆あんまり釣れとらんで。』
  数日して
 『木材港でも釣りができるらしい。自転車で下見に行ったら
  結構釣れとった。今度行ってみるか?でも、あの橋はきついでぇ』
娘『うん!!頑張るよ。』

秋晴れの、のどかなある日

f0208667_14325981.jpg

まだ夜が明けぬ5時から起きて、いそいそと父娘二人で準備。
二つの橋を自転車で渡り、いざ木材港へ!
最初『さばが2匹釣れた。』のメールを皮切りに釣れに釣れ
豆アジ、小サバ、ヒイラギ、さっぱ?等 79匹

f0208667_1438262.jpg

爽やかな青空を見ながら満足気。
父がトイレに行っている間に、大物の魚に1本の竿を海の中に
持っていかれてしまい涙した娘ですが、隣のお兄さんが事の顛末を
親切に説明してくれたそうです。(ありがとう)

釣った後の処理は当然、母(私)に回ってくるわけですが
そこは主婦歴二十数年の腕前で小サバは生姜煮、豆アジは唐揚げ、
南蛮漬け等 ありがたい夕食の一品となりました。
その数日後、父は休日に一人で釣りを満喫。
152匹を釣りあげ・・・・・母(私)は、ハァっと一息つき
鬼のように凄い勢いで処理し、完璧にやりとげた自分に満足。
私も時々参戦しますが、魚がかかった瞬間の感覚は良いですよ~
[PR]
by cmcweekly | 2011-09-30 14:35 | プライベート公開

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly