実習の感想④

11月24日~2週間、実習にいらっしゃった、JA広島総合病院 臨床研修医2年次の河村夏生先生の実習を終えての感想を掲載します。



二週間という短い間でしたが、この度コールメディカルクリニック(以下CMC)さんにお世話になりました。最初は、在宅医療に対しては、医療とは言うもののそこまでしっかりとした医療は行えないのだろうと思っていました。しかしCMCでは、患者さんの状態が変化したときには毎日でも往診に行くし、点滴はもちろんエコーを使い腹水穿刺という手技など、非常に多くの医療を提供していました。
また、在宅医療を導入している患者さんやその家族は「何かあったときにどうすれば・・・」といった不安があると思いますが、文字通り365日24時間、連絡があればいつでも患者さんの家に往診行っている、という印象でした。中でも僕がCMCでお世話になっている間にあった出来事で特に印象に残ったのが、『CMCの職員さんがある患者さん宅に電話をかけてみると繋がらず、不安に思い家へかけつけてみると、自宅で転倒し骨折し動けない状態』となっていたが、そのまま職員さんが救急車を呼び病院に運ばれた、といったことがありました。
高齢者の方が自宅で転倒し骨折、というのは病院に勤務していると良く聞くエピソードですが、特に一人暮らしであった場合には、誰にも気づかれず、数日経ってから病院に運ばれ、そのときにはかなり衰弱しているというのをしばしば目にします。向こうから連絡があったわけでもないのに、わざわざ患者さん宅まで様子を見に行くという姿勢には素直に感動しました。
病院に入院する患者さんが在宅医療を希望されたときには、自分自身が在宅医療に懐疑的な目を持っていたのですが、ここまでしているクリニックがあるのであれば(もちろん施設によって差はあるとは思いますが…)、自信を持って患者さんに勧めていけると思いました。
在宅医療はその需要にも関わらず、まだまだ普及していないというのが事実であると思いますが、今後在宅医をやる医者が増え、もっと普及していけば、患者さんやその家族の医療に対する満足度も上がると思いました。

最後に、この度の研修を通してお世話してくださった職員の方ならびに患者様とそのご家族の方にこの場を借りてお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。
[PR]
by cmcweekly | 2011-11-04 16:11 | 感想

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly