見学者感想

3月26日に見学にいらっしゃった、広島大学医学部医学科5年のTさんの見学後の感想を掲載します。

 私が初めてコールメディカルクリニック広島(以下CMC)の存在を知ったのは、1ヶ月前に院長の岡林先生が広島大学に講義に来られた時でした。講義を受ける前の在宅医療のイメージは、「末期の患者さんが病院ではなく最期は家で過ごしたいという希望を叶えるための医療」というもの(もちろん実習を受けた現在ではその考えは払拭されましたが)だったので、講義前に脊髄損傷の患者さんが来られた時は少々戸惑ってしまったのを覚えています。岡林先生の講義も自分の疾患を乗り越えた患者さんの生の体験談も試験に合格するために勉強していた私にとってインパクトのある話であり、またその時在宅医療に興味が湧いたため、講義後すぐに見学の申し込みをしました。

 実習日の朝、カンファレンスを終えた後、午前中は2人、午後は5人の患者さんの岡林先生の訪問診療に同行させていただきました。実習を通して、訪問診療はただ疾患を診て治療するだけでなく、「患者さんが日々を快適に過ごすためにはどのようにすべきか」を医師と患者さん、患者さんのご家族で話し合って決めるため、医師は患者さんの生活環境などの背景をよく知らなければならず、そのためには患者さんと深い信頼関係を築き上げなければならないのだという事が感じ取れました。これは岡林先生が患者さんとそのご家族と話されていた内容が、疾患や治療法の話より、患者さんの生活状況や悩みなどを聞く時間の方が長かったことから伺い知ることができました。
 訪問診療を終えてCMCに戻った後に行われたデスカンファレンスも他では聞いた事のないものでした。患者さんが亡くなった後に治療が適切だったかだけではなく、患者さんとそのご家族への精神的なケアも十分にできていたかを検討するカンファレンスはおそらく大学病院の実習で行うことはないでしょう。最近よくQOLを向上させようという声を耳にしますが、それは患者さんにとってよい治療を行えたかを追求するのではなく、患者さんがよい人生だったと満足できるようにサポートできたかどうかが実は重要なのではないかという考えもCMCで実習をすることで生まれました。

 私はまだ病院実習前の座学を終えたばかりの学生です。一通り勉強をして試験は通ってきたものの、臨床の現場で役に立つ知識や経験が皆無と言っていいほどなのですが、そんな私にも岡林先生は在宅医療をなぜ始めようと思ったか、今の緩和医療は本当の意味での緩和医療と言えるのだろうかということを丁寧にお話ししてくださいました。病院実習前なので、一般的な病院の医療とCMCの在宅医療を比較するという事は現時点ではできないのですが、これから8か月ある病院実習を通してその違いを感じながら、今回得た経験や教訓を自分に定着させていくつもりです。

 最後になりましたが、実習でお世話になった岡林先生をはじめとするCMCスタッフの皆様のおかげで本当に有意義な経験をさせて頂きました。厚く御礼申し上げます。また、学生である私を快く受け入れて下さった患者さんとそのご家族の方にも感謝したいと思います。ありがとうございました。
[PR]
by cmcweekly | 2012-03-28 17:35 | 感想

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly