出会いと別れ・・・そして誓い

びっくりするような春の嵐も過ぎ去り、過ごしやすく気持ちのよい‘桜’の季節になりました。日本の国花の一つでもあるこの花は様々な出会いと別れのシーンを演出する代名詞。皆さんにとっても桜にまつわる特別な想い出があるのではないでしょうか

寒い冬を耐えしのぎ、小さなつぼみがふくらみ、可憐に花開く。卒業や入学、入社や異動、
歓送迎会などライフステージの中での大きな区切りの時、また新たなステージへの始まりにはぴったりの素敵な花です。誰もが一度は感じたことのある忘れられない緊張感・・・
そして出会いと別れ・・・

その中でも私が忘れられない桜の想い出が大学の入学式。私が大学生活4年間を過ごした東京には桜の名所がとても多く、この時期になるとあちらこちらで美しく咲き誇る桜の姿を目にします。
なかでも私が大好きだったのは大学の正門横にある大きな桜。名所にあるそれとはほど遠いかもしれませんが、その樹齢はかなりのものと推察されます。

緊張感いっぱいで上京した私を穏やかに咲く花が優しく迎え入れてくれ、そんな桜が咲き誇る入学式のときに出会った仲間が今では一生の友に。あのとき出会ったのも、毎日通った学び舎での想い出も、そしてお互いが就職しそれぞれの道を歩むことになり、互いの活躍を!とエールを送りあい、握手をして別れたのもあの桜の下でした。あれから早20年それぞれにいろんなことがありましたが、今でも色濃く残っている大切な青春時代を語るには欠かせないのがあの大きな桜です。いま頃はきっとその桜が希望に満ちた多くの新入生を迎えていることでしょう。

近年ではそんな桜をみると考えることがあります。さあ、今年一年自分に何が出来るのだろうか?この桜の花が散り、青々とした葉が出ては散る。そして寒い冬を乗り越え、また来年の今頃には、きれいに花を咲かせるであろう、そんなたくましい桜の木に負けないような誓いを立てるのです。必ずや来年この花の下に立ったときに成長した自分を感じ、また次のあらたなチャレンジ目標をうちたてるのだ!と。こんなポジティブな生き方って大事だよねって教えてくれたのも桜の下で共に誓った友人でした。

さあ明日はコールのお花見。今年も桜の花をみながら一年を振り返り、そして新しい目標をたてる。それも同じ志を持って集まったコールの仲間たちとの出会いに感謝しながら・・・さあ!また新たな一年のスタートです!                のびた
[PR]
by cmcweekly | 2012-04-07 09:18 | プライベート公開

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly