体育館シューズ

桜を始め、色とりどりの花が咲き誇る季節となりました。
花は、人の心を優しく癒してくれる効果があるそうです。
私はこの一週間、その効果をとっても実感しました。

先日、息子が小学校に入学しました。
私も息子もドキドキの入学式。
名前が呼ばれ、「はいっ!」と元気な声で返事をしている息子の姿を見て、しっかりしてきたなぁと嬉しく思いました。
しかし、式が終わり、息子の成長に喜悦の色を浮かべながら、教室へ移動をすると、そこには、先生が話をしているにも拘らず、椅子に浅くずれ込むように腰掛け、机の脚に足を引っ掛け、机を前後させて遊んでいる息子の姿が・・・。
何度も後ろを振り返っては、私に笑顔を送ってくる息子に、「いいから、前を向いて先生の話を聞けーっ!」と何度も心の中で叫びましたが、そんな心の叫びは最後まで届きませんでした。
それでも、『笑顔がカワイイから許す!』と親バカな私・・・

さてさて、翌日(火曜日)からは授業がスタート。
「保護者の方も一緒に、翌日の時間割の準備をしてあげてくださいね」との先生の言葉通り、息子と二人で翌日の準備をしました。
連絡袋に連絡帳、筆箱、教科書、ノート、体操服、体育館シューズetc...をランドセルと手提げ袋に入れて、準備OK!
翌朝、「車に気をつけるんよ」「頑張ってね」「ちゃんと先生のお話聞くんよ」「いってらっしゃい」とウザイくらい沢山の言葉を掛けて送り出しました。

そして、その日の帰宅後、昨日と同様、息子と二人で翌日(水曜日)の準備をしようとランドセルを開けると、なんと!連絡袋も連絡帳も筆箱も教科書もノートも入っていないではないですか!
入っているのは、学校に置いて帰らなければならないシューズ袋と体育館シューズのみ。
息子に「教科書とか筆箱はどうしたん?」と聞くと、「テーブル(机のこと)の下に入れて帰った」と。「持って帰らんといけんよ~」と言うと、「だって、知らんかったもん」と。
まぁ、初日だし、仕方がないかなと思い、「連絡袋と連絡帳と筆箱と教科書とノートは毎日持って帰るんよ。シューズ袋は金曜日に上靴を入れて持って帰るんじゃけぇ、それまでは学校に置いとくんよ。体育館シューズはずっと学校に置いとくんよ」と教えながら、翌日の教科書とノートをランドセルに入れ、持って帰ってしまったシューズ袋と体育館シューズ、さんすうセットを手提げ袋に入れ、準備をしました。

そして水曜日の帰宅後、ランドセルを開けると、そこには、筆箱とシューズ袋と体育館シューズが・・・。
どうやら、私が前日に教えたことで、息子に伝わっていたのは、『筆箱を持って帰る』ということだけだった様です(--;)
再び、前日と同じ説明をしながら、翌日(木曜日)の準備をし、今回は、朝も同じ説明をして送り出しました。

木曜日の帰宅後、ランドセルを開けると、下敷きと筆箱、そして、またもやシューズ袋と体育館シューズが・・・
「いいかげんにしろー(`□´)!!」とブチギレながら、翌日(金曜日)の準備をしました。

そしていよいよ金曜日。
帰宅後すぐに持ち物チェックをしました。
ランドセルには一週間分の教科書とノート、連絡袋、連絡帳、筆箱etc...、手提げ袋には体操服、シューズ袋には上靴がばっちり入っていました(^^)v
「よくやった!」と褒めてやると、「重かったよぅ(;△;)」と涙がポロリ。
ギューっと抱きしめてやり、めでたしめでたし♪
となるはずでしたが、夜、一週間分の汚れが付いた上靴を洗おうと、シューズ袋から取り出すと、それは、この一週間毎日持って帰り続けた、まっさらな体育館シューズだったのです・・・
『どんだけ、体育館シューズが好きなんじゃーい!!』

今週は怒り続けた一週間でしたが、通勤時の車窓から見える花に心癒され、気持ちをリセットすることが出来ました。
みなさんも、イライラした時などは、花を見て心を癒されてはいかがでしょうか?(^^)
[PR]
by cmcweekly | 2012-04-14 17:22 | プライベート公開

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly