初心

皆様あけましておめでとうございます。
もしかして巳年トップをきるブログになるのでしょうか???
なんとも緊張しますが、今年初ということで私の介護を仕事にと決めた初心の話を少し長くなるかも知れませんが書いてみることにします。
学校を卒業したものののんびり屋さんの私は仕事を決めれず、とある病院の受付のバイトをしていました。ある日の事、お使いから戻ると耳が遠いおばあさんが困った顔で「すみません、私ほんとに分からなくて、すみません」受付事務のお姉さんが苦笑いの大きな声で「あのー、だから…もう帰ってもらっていいんで」どうやら支払いが済んでいるのにその事実を理解出来ずにいるようでしたが、追い払われるように帰って行かれました。その後の一言「もう、分からんのなら家の人が来たらいいのに、あぁーもぅ、お財布忘れてる(-"-;)」
私は「今なら間に合うので届けてきます」と心の中のモヤモヤを抱えて飛び出しました。田んぼの畦道を寒そうに歩くおばあさんに追いついてお財布を渡す私に「まぁありがとうございます。お金は?」と不安そうにおっしゃいました「大丈夫ですよ、お家の人が先に払ってくださってたので、安心して下さい。気を付けて帰って下さいね」おばあさんはニコッと微笑み、それから何度も何度も振り返ってお辞儀をして帰って行かれました。
違うだろー!そんな言い方ないだろー!!と叫んでいた心のモヤモヤが晴れていき、私はやっと就職したのでした。それから無我夢中の3ヶ月が過ぎる頃、歯が上下ともない通称トキさんが、クッチャクッチャ、口を鳴らしながら「看護婦さん(違うんだけど…)あなたのお名前は」と尋ねてこられました。答えながらどうするのだろと思っていると、よわよわしいかろうじて読める文字で私の名前をメモしてくれているではありませんか。びっくりしてる私の頭を撫でながら、「いつもありがとうね。名前を忘れんように書いとく」とそう言って下さったのです。ものすごくうれしかったのと同時にこのことを忘れないでいればこの先頑張って行けると心に柱が立ったのでした。
この二人のおばあさま方との出会いのエピソードが私の初心です。初心忘れべからず、少しずつでも精進していきたいと思います。
[PR]
by cmcweekly | 2013-01-04 18:43 | プライベート公開

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly