夏の往診

 梅雨とは名ばかりで、真夏日が続いていますね。訪問診療チームに入り約1年になろうとしていますが、夏の往診の恐ろしさを痛感しはじめました。
 学生時代は室外プールのある水泳部に所属していたので、その頃はご多聞にもれず黒光りしていました。室内プールのある学校をどれほどうらやましく思ったか・・日焼け止めを塗るとプールが汚れるという先輩に反抗できず、小学生以上に黒くなっていた頃を懐かしむ今日この頃です。ある一定以上黒くなると、自暴自棄になり黒くなっている方が格好いいよね、と黒さの比較をして、勝って喜んでいたりしました。部活(学校?)を無事卒業し、社会人として病院へ勤務するようになってからは、日が出ている頃に外出することが少なく、それなりに白くなりました。とはいうものの、やはり蓄積ってあるんですね、「地黒だから~」といっても誰も「嘘でしょ?」と言ってくれなくなりました。昔は白かったんですよ。赤ちゃんの頃は・・・。
 そんなこんなで往診も始まったことですし、「光老化」という言葉が胸に痛いお年頃になり、「なぜ今まで頑張らなかったの」と思われながらも、日焼け対策を始めました。(本気になったのは1週間前ですが・・)つばの大きい帽子と手袋、ポロシャツの襟は立てて・・そして、SPF値の高い日焼け止めを一生懸命塗っている横で、F先生の一言。「私、日中は外に出てなかったけど、シャーカステンの前にいただけでも焼けましたからね~。日焼けはUVだけが原因じゃないから、UVだけカットして安心してても・・・」
 いいんです。例え無駄でも。F先生が毒舌であることを最近気づきはじめたとしても。そして、「ためしてガッテン」で、昔の日焼けの後遺症は元に戻すことはできない、と先日オンエアされているのをちょうど見てしまったとしても。
 ジリジリと照りつける太陽の下、往診を苦痛と思わずに笑顔でご挨拶出来るよう、雨にも負けず風にも負けず、シミやシワにも負けず、今日も日焼け対策頑張ります!
[PR]
by cmcweekly | 2013-06-17 19:00 | プライベート公開

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly