見学のお礼

7月30日に見学に来られた 近畿中央病院 初期研修医2年の藤井嵩先生より、お礼のメールを頂きましたので掲載致します。


今回は院長先生への挨拶が事前に出来ていなかったにも関わらず快く見学を受け入れて頂き、その上ポロシャツ、サイン入りの著書、夕食を御馳走して頂く等、歓迎して頂き誠に有り難う御座いました。予想していなかったので非常に嬉しかったです。著書は後日しっかりと読ませて頂きます。

今まで恥ずかしながら在宅医療の現場を目の当たりにした事が無かったのですが、初めて自分の目で見る事が出来て非常に勉強になりました。在宅医療には明るくない印象を持っていたのですが、医療者の取り組み次第で患者さんとその家族の人生が良い方向に大きく変わるという場面を見聞きする事が出来、印象が変わりました。

特に、院長先生の患者さんに対する医師としての姿勢は医師を志した際に理想としていた像に重なります。患者さんの事を第一に考えて人生にも深く踏み込み医療を行うというのは、多くの医師が理想としてはいるもののなかなか実践出来ない姿だと思います。医師を志した当時は疾患だけでなく心を救える医師になりたいと考えていましたが、時が流れ、日々の業務に追われる中で初心を忘れていた気がします。実際に院長先生をはじめとするスタッフの皆さんが医療に取り組んでおられる姿勢を拝見して、自分の肉親はこの様な方々に診て頂きたいと思いましたし、自分も初心に帰らねばと痛烈に感じました。今回学んだ事を明日からの臨床に活かしたいと思います。

御世辞ばかりで媚びへつらっているように聞こえるかもしれませんが、お酒の場でも御話を聞かせて頂いて感じた事は、医は仁術という言葉を実践されている医師なんだろうなと感じました。先生に診て頂ける方々はさぞかし幸せだと思います。

以上、まだ初期研修も修了していない若輩者ですが本日の感想を述べさせて頂きました。たった1日でしたが今回の見学にて学んだ事を糧に自分も社会から必要とされる医療者になれるように頑張りたいと思います。

これから進路に迷った際には院長先生の仰っていた、侠気・懐・情の3点に重きを置いて進路を考えたいと思います。

この度は非常に御多忙の中、見学を歓迎して頂き誠に有り難う御座いました。

また御貴重な御話を聞かせて頂ける機会があれば幸いに存じます。


近畿中央病院 初期研修医2年
藤井 嵩拝
[PR]
by cmcweekly | 2013-07-31 18:05 | 感想

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly