<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「食育」草の根活動

とあるところに「にんじんくらぶ」という集まりがありまして、
「食育」をテーマに年に1回、親子参加型のイベントを開催しています。
小学生の親子参加ですが、最近はお父さんとの参加も見られるようになりました。

内容は、食の話と調理実習の2部構成、毎回お題は違います。
今年は「お米を食べよう!」
最初にお米のもろもろについて楽しく学び、その後お米を使った簡単な料理を親子で
作って試食する…といった内容の予定です。

 しかしこれが毎回にぎやか。(決して大盛況というわけではないが…)
エプロン、三角巾姿の子供たちが、切ったりゆでたり成形したり…、
食材と真剣に格闘しているかと思えば、空いた時間には部屋中をかけ回ってます。
(特に意味はないようにみえるのですが…)

 私たちの食生活はライフスタイルの多様化に伴い大きく変化してきました。
子供たちの間でも朝食欠食の児童の増加、偏食、孤食、肥満傾向…などなど
食をめぐる様々な問題は深刻のようです。
「食育」とは、「様々な経験を通じて食に関する知識と食を選択する知識を習得し、
健全な食生活を実践することができる人間を育てること」と定義されています。
「食」を大切にする心や望ましい食習慣を養い、伝統ある食文化を守ろうと
最近では学校給食をはじめ、各地域でいろいろな活動がなされています。
 
 このイベントも今年で4回目になります。
大袈裟のことはできなくても、「食べること」への興味につなげてくれたら…と思い、
日本の未来を背負う子供たちに期待してしまうこの時期です。
[PR]
by cmcweekly | 2010-11-30 08:12 | プライベート公開
つい先日、新聞を読んでいると
『家庭菜園を初めて行う人で多くの人は最初はりきって行うけれど
3~4年でやらなくなる』といった記事が載っていました。
ふと我が家の家庭菜園を思い出してみると・・・・

1年目 やる気度 80%    
これまでまったくやったことないので、
比較的簡単と言われている枝豆とトマトを直接地面に植える。
結果)思った以上の収穫量。
「家庭菜園って簡単かも。来年、夏野菜は自給自足だ!!」


2年目 やる気度 100%    
プランターでキュウリ、トマト、ミニ南瓜を植える。
結果)キュウリはまずまずの収穫量。
トマトはミニでなく普通のトマトを植えたせいか、実らず。
ミニ南瓜は1つだけ実りました。
「たくさん収穫するにはなにかポイントがあるのかな?」


3年目 やる気度 120%    
木箱のプランターを作成。キュウリ、ミニトマトを植える。
当初は順調に育つも途中からうどんこ病や強風で倒れるなどトラブル続き・・・
結果)キュウリは10本ぐらいだったかな。ミニトマトも思ったより実らず。
「あんなにはりきってやったのに結果がついてこないなんて」
(思えばこの時が園芸に対してもっとも燃えていた瞬間かも・・・)


4年目 やる気度 50%    
前年に作成したプランターにトマトを植える。
後から知ったのですが土は入れ替えたほうが良かったみたいですね。
結果)ほとんど収穫できず・・・。
「なんだか家庭菜園って難しいな」


5年目 やる気度 10%    
小さいプランターに1本だけトマトを植える。
燃え尽き症候群か?ほとんど管理せず。
「そういえば植えたっけ・・・」

いやはや、どうやら自分は大多数の一員だったようです。
まだあきらめたわけではないのですが・・・・。
さてさて来年は果たしてやる気度はなん%になるのでしょうか???
[PR]
by cmcweekly | 2010-11-19 17:43 | プライベート公開

自然の癒し

日に日に寒さが増し、秋の終わりそして冬の訪れを感じるこの頃ですね。
寒さが苦手な私にはつらい季節です。

 夏の方が好きで、特に夏の青い空と海は大好き!!!
 ある釣り好きの患者さんが「海の上で海を感じている時が幸せ。
 今は海に行けないから、せめて海の見える自宅で窓を開けて潮風を感じていたい」
 と言われていました。
 その気持ち良くわかります。
 私にとっても海は癒し。海を眺め、手にビールがあれば最高!!!

 そして、ダイビングも楽しみのひとつです。魚や・珊瑚もいいけど、
 海の中から見える雲や太陽もまた違った感じで素敵です。

 自然には癒しの力がありますね。
 患者さんのお宅で庭やベランダの植物を見るのも往診中のひそかな楽しみです。

 さて、次はいつ海に行けるかな~と楽しみを持ちつつ、今日も車で街を走ります。

f0208667_11584276.jpg

[PR]
by cmcweekly | 2010-11-13 11:58 | プライベート公開

☆感動の瞬間☆

ずい分前に新米をいただきました。
だけど、私は炊飯器を持っていないので「どうしたもんかな・・・」と思っていたら、
何と!「お米の炊ける土鍋」が売っているではないですか♪

早速、注文して約2週間後・・・。
とうとう届いたんです!わああい♪わああい♪
と、喜んだままコンロの上に飾って約2週間・・・・。

で、ついにその土鍋で新米を炊く機会にめぐり合えたんです。
説明書を読みながら、コンロに火をつけて・・・ついに!! 炊けた~。
お米はキラキラ輝いて、一粒一粒立っていて、
「私でも炊飯器がなくてもご飯が炊けるう~」と感動しました。

そして、食べてみると「ご飯ってこんなに美味しいんだ」とまたまた感激しながら食べました❤ 
パン好きの私がご飯好きに傾いた瞬間でした!

けど、あんなに感動したのに、あれからあの土鍋は活躍しておらず、
相変わらずコンロの上に飾られています・・・・。
土鍋はピカピカに光っていて「いつでもどうぞ」と大歓迎で待ってくれているのに・・・。

そして、せっかく私も料理に目覚めたかと思ったのに・・・。
でも、またあの感動的なご飯の美味しさにめぐり合うために土鍋で炊いてみます!
と、このブログの中で断言するわ・・・。

f0208667_9475758.jpg

[PR]
by cmcweekly | 2010-11-06 09:48 | プライベート公開
今の世の中,少し不安定になっていますね.
不安定の原因は近隣諸国との軋轢にあるのでしょうか?
北のある国では世代交代とかで盛り上がっていますが,
何と世襲の後継者は国民2300万人の
2カ月分の食糧に匹敵する金額で別荘を作っているようです.

住民が飢え苦しんでいるのにひどい話です.
また別の国と日本とは小さな島の利権を争っています.
近海では油田・ガス田が眠っているようです.
彼らの言い分では,そこは彼らの国の一部だそうです.
その国は,人口も日本の10倍以上です.
彼らが軍事立国であれば,とっくに日本は属国になっていたでしょう.

戦後から今まで自分たちより上の世代は,
兎に角イケイケドンドンで一気に日本が盛り上がった時代でした.
そして自分たちの子供の世代は,一体これからどうなるのでしょうか?
何とかなるのでしょうか?直近のことを言えば,学校教育は大丈夫なのでしょうか?
昔もイジメはありましたが,自殺者もっと少なかった.
自殺者といえば毎年3万人程度の人が自ら命を絶っている.

どうも世の中の動きが読めない時代です.
経済は停滞し不景気で,政治は1人あたり数百万円の借金を抱えたまま,
今後も政権交代を繰り返しそうな勢いです.
正しい方向に進んでいるのか,いや悪い方向に進んでいるのか,
それすらも分からなくなってしまいます.

最近,地域分権が叫ばれて国の税源を地方に移していこうという動きが強くなっています.
しかし,本当に今の地方政治に任せて大丈夫なのでしょうか?

優秀な首長のいる地方では,そこに住む人は本当に幸せになれそうですが,
そうでない首長さんだったら大変なことになりそうです.
例えば在宅医療も含む地域医療とは,まさに地方政治と大きく連動する可能性が高い分野です.

多くの患者が惑うことなく住める地域,
これが重要と考えて今からじっくり取り組むことのできている所は,
きっと住民に選択されていくことでしょう.
つまり地方にも勝ち組・負け組ができる可能性もあります.


これから私たちは,多かれ少なかれ住む場所を自分で選択していく
時代になるのかもしれません.
地域の人々の和を大事にして,
地域を盛り上げることのできる自治体は人口も増加しきっと勝ち組になるのでしょう.

地域も会社もきっと同じですね.住民や職員1人1人についてしっかり考えず,
自分達ばかりが甘い蜜を吸うような治世者や経営者は,
きっと多くの住民や社員に去られてしまうでしょう.

以前なら仕事があるところや親が住んでいるところなどが基準で
住む場所を決めていましたが,
これからは老後安心して住める場所(地域)・文化的で子供が成長するにも
最適な所などの要素も考えて住む場所を決めていかなければならないのでしょう.


今少し見直されているのが,地域の祭りです.
祭りは,自治会にでも任せればと町内会にも参加しない人がいますが,
老若男女が集えるものといえば祭りはその一つですね.高齢者を自宅に閉じ込めて,
外出する機会を奪ってしまうようなやり方は決してよくないのでしょう.

高齢者と若年者が会い混じって共存できるような共同体.
これが本当に理想的だと思います.
さて自分達夫婦や子供達は一体どこに住むのがいいのか,
3人の幼いわが子の寝顔をみて思案しているところです.
[PR]
by cmcweekly | 2010-11-01 09:13 | プライベート公開

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly