<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「風林火山」

 「風林火山」で有名な武田信玄の軍学書の中に、「人は城、人は石垣、情けは味方、仇は敵なり」という言葉があります。勝敗を決めるのは、堅固な城ではなく、人の力であり、個人の力や特徴を掴み、彼らの才能を十分に発揮できるような集団を作ることが大切であると説いています。また人には情を尽くすこと、誠実な態度こそが相手の心に届き、人をひきつけ、逆に相手を恨めば必ず反発を招くとも加えています。これは現在の会社や組織にも通じる内容であると思っています。
 コールメディカルクリニックが誕生して、今年で足掛け7年目を迎えます。当初は少人数で行なっていた小さな診療所も今や総勢37名のスタッフが参加するようになりました。それぞれ一人一人が特徴を持った個性豊かなスタッフばかりです。特にコールは、女性が多く働いています。女性には結婚、出産等いろいろな人生の転換期があり、仕事を続けていくことは容易ではありません。時には、スタッフが病気になることもあるでしょう。こうしたときにこそ、「人は城、人は石垣、情けは味方、仇は敵なり」という言葉を思い出すことが重要だと思っています。特に、後半の言葉「情けは味方、仇は敵なり」という言葉は、ビジネスライクでクールな現代社会ではなかなか受け入れにくいものでしょう。しかし、社会が一人一人の人生の集合体で成り立っている以上、小さな社会である組織でこそ理想を追求していきたいものです。コールが大きくなったといっても、総勢37名というすべてのスタッフに目配りが出来る規模の集団です。こうした僕たちの集団の強みを生かして、「人は城、人は石垣、情けは味方、仇は敵なり」を目指したいと思っています。
[PR]
by cmcweekly | 2012-02-17 09:25 | プライベート公開
はじめまして。コールに入職してまだ1か月ちょっとの広島初心者です。私は去年までこのブログの一読者でしたが、今年からはコールの一員として時々このブログに参加させていただくことになりました。皆様、よろしくお願いいたします。
広島という街に住み始めて感じたこと、在宅医療を経験して思うこと・・・などいろいろありますが、今回はゆる~い話題で行くことにしました。題して「ありがとう!コンビニエンスストア」です。
思い返すと私の今までの人生はコンビニに支えられてきたと言えるかもしれません。中学や高校の頃は部活帰りや習い事帰りに友達とコンビニに立ち寄って、ガリガリ君(アイス)を食べるのが楽しみでした。懐かしい思い出です。
大学に入ってからは、さらにコンビニに行く頻度が増えました。特に試験前には、字のきれいな同級生「げんちゃん」からノートを借りて、夜な夜なコピーをするためにコンビニに通ったものです。もしも世の中にコンビニと「げんちゃんノート」がなかったら、ちゃんと卒業できなかったかもしれません。ありがとう、コンビニとげんちゃん。
大学を卒業してからは、仕事で深夜に帰宅する毎日となり、夕食はいつもコンビニ弁当でした。毎日行きつけのコンビニでお弁当を買うものですから、お店の人も顔を覚えてくれ、そのうちにお店に行くといつもこっそりと売れ残り弁当をプレゼントしてくれるようになりました。当時、ある先輩から「お前の体の半分はコンビニ弁当でできているんじゃないか?」って言われたこともあったっけ。20代の頃に深夜まで働けたのはコンビニ弁当のおかげかもしれません。ありがとう、コンビニのおばちゃんとコンビニ弁当。
その後も雑誌を買うのもコンビニ、公共料金の支払いもコンビニ、家の冷蔵庫が壊れた時もコンビニに大きな冷蔵庫があるから特に不便は感じませんでした。
時は流れて、2012年。そんな私も病院を飛び出して、コールの一員として広島の街を走り回るようになりました。さすがにもうコンビニ弁当は卒業しましたが、いまだに毎日コンビニのお世話になっています。というのは、私は大のコーヒー好き。毎日、何杯かのコーヒーを飲みます。コーヒーにはカフェインが含まれており、カフェインには利尿作用があります。そして今は寒い冬。コーヒーを飲んで、寒い冬に外に出たらどこに行きたくなるか皆さんおわかりですね?街のいたるところにあるコンビニでは、私にとって本当にありがたい存在です。。
車の中でもじもじ、そわそわ、その後コンビニに向かうコールの車を見かけたら、それはたぶん私です。ありがとう、コンビニエンスストア!
[PR]
by cmcweekly | 2012-02-10 14:11 | プライベート公開

鬼は外!福は内!

毎日寒い日が続きますね。インフルエンザも猛威をふるっておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ついこの前、年が明けたかと思ったらもう2月。本当に、「あ」っと言う間の月日の経つ早さに驚きます。

コールの丘は2月1日で4周年を迎えました。私がコールで働き始めて半年後に2周年を迎えたのが「ついこの間」のようです。


一週間前の私は、次のブログは何を書こうかしら・・・な~んてのん気に考え、

そうだ!
丁度節分やし、鬼のような私でも、いつも皆様に福が来ますように~って願いをこめて、
タイトル「残り物には福がある」ってな感じで、残り物で作った一品を紹介したらええんちゃう?!
っと、残り物の一品達を写真に撮り、これで安心!とほくそ笑んでおりました。


そして、その残り物達がこちら。
f0208667_9225242.jpgf0208667_923614.jpgf0208667_9231656.jpg









カブの葉で作った漬物、カブの皮を干して作ったはりはり漬け、そして何より大好評なのが、パンの耳で作ったラスク。

廃棄する部分で作ったものですが、エコできて、なおかつ喜んでいただけて、一石二鳥、いや、一粒で二度美味しい。

これぞまさに「残り物には福がある!!」だわ!!(決まった)

な~んて、綺麗にまとめるつもりでした。節分のお昼までは・・・


ところがどっこい。

節分に事件が!!

私の無知とバカをさらけ出す出来事が起こったのです。
本当は隠そうと思ったのですが、K田先生の口からスタッフ一同、いや、利用者様まで伝わるのは時間の問題と考え自分でブログに書くことにします。


節分のメニューは恵方巻きといわしの塩焼き。
恵方巻きの今年の方角は北北西。

私、33年間ずっと知らなかったんです。方角の意味。
ずっと、ず~っと(永井真理子ではありません)。

今年の方角は?とK田先生に尋ねられた私。

得意気に「ほく、ほく、せいです」

そのときの周りの冷めた空気、今思い出してもぞっとします。

は?とk田先生。

だから、「ほく、ほく、せい」ですよ!と右手を北に、左手を西に振りかざす私。

そう、文字ではあまり伝わりづらいですが、私、「北北西・・ほくほくせい」ではなく「北・・ほく 北・・ほく 西・・せい」
つまり、北向いて一口、さらに北向いて一口、最後西向いて一口、だと
永井真理子ばりにずっと、ず~っと思っていたんです。


言い訳していいですか?

それは忘れもしない小3の2月3日。
恵方巻きを食べる習慣の無い家で育った私。
初めて目にした恵方巻き。
それが、さおりチャンの家。
さおりちゃんの家では、「はい次、東~、南~」ってな具合に向き変えながら食べてたんです。

初めて見たのがそれだから、つい思い込んで・・・

だってさおりちゃんが・・・

親鳥が・・・

そんな言い訳、33歳にもなったらほんとにただの言い訳。それは重々承知。


k田先生には冷めた目で見られ、利用者様からは逆に温かい、可哀想な目で見られ・・・

皆様の前で大恥をかいた一日になりました。

そんな事件のおかげで、私はブログを一から作りなおす羽目に><
まさに鬼の目にも涙です。


でも、落ち込むなかれ。
こうして皆様に失笑された私ですが、「笑うかどには福来る!!」という事で・・・

私のことを大いに笑ってください!そして皆様に大きな福が訪れますように♪
[PR]
by cmcweekly | 2012-02-06 09:25 | プライベート公開

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly