<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

8月20日~2週間、実習にいらっしゃった、JA広島総合病院 臨床研修医2年次の平田旭先生の実習を終えての感想を掲載します。


2週間という短い期間ではありましたが、地域医療という形でこのコールメディカルクリニックに関わらしていただくことができ様々なことを経験することが出来ました。
私は急性期治療を主に扱っているJA広島総合病院に勤務しておりますが、治療方針や考え方において様々な点で異なる点があり刺激的でした。
実習が始まるまでは、在宅医療というのは人里離れた病院がない地域において(離島など)行われるものだと思っていました。実際は想像していたものと違いました。身体的不自由のため病院に通えない方、急性期病院での治療が終了したが今後も医療介入が必要な患者様へのフォロー、コールメディカルのドクターを信頼しての要望からという様に様々な事情で在宅医療が利用されていることを知りました。
実際の医療の内容に関しては限られた医療資源、機材をフル活用し、在宅で出来る限りのことを工夫しながら行われているのだなということが参考になりました。しかし、限られた医療資源とはいえBiPAPや簡易エコー、心電図等を利用することも出来るし血ガスの測定も可能であり緊急時に必要なものはレントゲン以外比較的そろっている印象でした。むしろパーカッションベンチレーターやアンビューによる呼吸リハビリなどの総合病院でもまだ取り入れていないような医療も積極的に導入されているようでした。これなら安心です。
診察に関しても、しっかり時間をかけて患者様が満足するまで話を聞いている印象。個々の患者様のことをしっかり把握されており、その人に合った医療を提供していることが伝わってきました。自分の勤務する総合病院のように経時的にバイタル測定しておけるわけではないので、正確な病態の把握のみならず、その後の病態変化の予測や先を読んだ治療方針を立てることが必要になってくるだろうと思われます。その点が在宅医の力の見せ所なのかと感じました。それに加え在宅でのみでは治療困難と判断されればすぐに総合病院への搬送も可能であり、急性期病院との連携もきちんとしていることが患者様には安心のひとつかもしれません。
ソーシャルワーカーの方やヘルパーの方、介護施設などのスタッフの方々との連携も上手く取れており、多くの施設の連携の下に在宅医療が行われていることが良く分かりました。日頃総合病院で見ている患者さんの医療はこのような地域の様々な方の支援を支えにして成り立っているということを学ばせていただきました。大変ありがたいことだと思います。
移動中の車の中で様々な地域医療に関わるお話を院長先生始め多くのスタッフの方々から伺わせて頂きました。その中でも印象的だったのは総合病院等で行われる私たち医師の診察や態度に対して、多くの患者様は不満を少なからず抱いており、その不満を在宅に来られたコールメディカルの先生方に打ち明けているとうことでした。私たちの日頃の診療は日々の忙しさに追われてしまい、しっかり患者さんの話を聞けていただろうか、きめ細やかな診察が出来ていただろうかということを考えさせられるきっかけとなりました。カルテの方ばかりに目が向いた診察、一方的な問診等、少なからずドキッとさせられるものがありました。
また、コールメディカルの理念としての365日24時間いつでも駆けつけるというものを拝見して、はじめはどれだけ大変なのだろうかと思いました。
医師の数も少ない中で、いつ急変してもおかしくない病態にある三百人近い患者さんからの呼び出しに常に対応するということが可能なのだろうかと思いました。この質問を院長先生に伺ったところ、多くの患者様は強い不安を抱いている。その不安を聞いて24時間いつでも駆けつけるという安心感があると患者様はほんとに必要なときしか呼び出したりはしないというものでした。自分たちが日頃当直をしていて対応する患者様の中には、重症患者様だけでなく多くの強い不安を抱えられた方がいらっしゃいます。病態や検査結果ばかりに注意が向いてしまい患者様の不安にまで気を使えてなかった自分の診療では満足度の低い医療しか出来ていなかったことは明白です。病気による症状だけでなく、精神的にも大きな苦痛を抱えた患者様の痛みを少しでも減らしていくことの大切さを学びました。
症例としては、日頃見ることのできない慢性期疾患の患者様の症例を多く経験させていただき学ぶことが多かったです。特にALS等の神経内科疾患は学生時代からほとんど経験がなかったのですが、病態のみならず身体所見、予後、精神的背景等まで先生方から詳しく指導していただき大変参考になりました。今後さらに自学によって知識を深めていきたいと思います。
私は、新しい刺激やストレスが人間を成長させるものだと考えます。総合病院(自分のホーム)での診療から離れ、今回のような実習の地で、しかも他人の家という全くのアウェイでの診療というものが少しでも自分にとってプラスとなるようにフィードバックできたらと思います。
最後になりましたが、突然の訪問に対して何の文句も言わずにやさしく受け入れ実習に協力、さらには様々なご指導やご教授くださった患者様、短い時間の中で様々な知識や経験を積ませてくださったスタッフの方々にこの場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。少しでも患者様の必要とする医師に近づけるように今回の経験を生かして努力していきます。

あと、次回から外病院に見学に行く時にはきちんとした靴でいくようにします。院長怖かったです。
[PR]
by cmcweekly | 2012-08-31 18:14 | 感想
9月でコールメディカルクリニックに勤務開始して2ヶ月になります。

東京にいた時、コールを取り上げたテレビ番組をみて、「こんな在宅医療したいなあ・・」と思っていました。その後、久しぶりに広島の実家に帰ってきてびっくり!すぐそばにクリニックがあるではありませんか!勝手に運命を感じた私は、見学だけでも・・とコールに連絡。すぐに事務長のKさんからOKのお返事をいただき、ウキウキして見学に行きました。院長の往診と丁度その日にあった院長講演に同行させていただき、すっかり魅了されてしまいました。
「ここで働きたい!」と思いましたが、「でも私、子供相手の仕事してたし、使い物にならないだろうなあ・・・それにまだフルタイムで働ける環境にないし・・きっと無理よね・・」と、ちょっとブルーになりましたが、「見学だけでも出来て良かった!」と思い直しました。
講演が終了して、コールの応接室で院長と事務長とお話している時、「それでいつから勤務開始する?」と突然聞かれ、びっくりしました。お二人とも私の経歴、本当にご存知なのかしら・・・?とこっちがしどろもどろになってしまいました。
後から判明しましたが、こういう採用方法には前科(?)があるようです。リハビリスタッフのYさんも、院長は「未だに経歴を良く知らない」と言われています。Yさんはとても優秀なSTで、その話を伺って院長の先見の明に脱帽しました。・・・でも、今回の私の採用で「院長の眼も、そろそろ濁ってきたね」なんて言われるのではないかと心配で、夜も眠れません。(嘘です。お布団に入って数秒で寝てます。)

今まで病院に勤務してきましたが、そこでは時間だったり制度だったり様々な制約があり、患者さん視点にたてていない自分がいることが、とても情けなく悲しく思っていました。でも、在宅医療であれば、もちろん出来ないことも色々あるとは思いますが、病院とは違うアプローチができるはずです。自分の眼で患者さんの生活を見ることができるので、その方に合う医療を考える想像力も鍛えられる気がします。

・・と、熱くなってきましたが、在宅医療研修生の私には、まだまだ勉強することが山積みです。今まで違う畑で働いていたこともあり、スタッフや患者の皆様にご迷惑をおかけすることが多々あると思います。遅々とした成長かもしれませんが、「あせらず・あわてず・あきらめず」見守って頂けると嬉しいです。

最後にいつも心にとめている言葉を紹介します。
「人間にとっていちばんひどい病気は、誰からも必要とされていないと感じることです - マザーテレサ 」
病気をすると、どうしても心が疲れてきて、自分の存在価値を見出せなくなることがあります。そんな時、そっと支えていくことができる医療者になれればいいな、と思います。
[PR]
by cmcweekly | 2012-08-30 18:13 | プライベート公開

宣言☆

朝晩の風が少しずつ心地良くなり、秋を感じ始めた今日この頃です。
もうすぐ8月も終わり、気がつけば今年もあと4ヶ月あまり・・・。早いですねぇ。

今年は、私事ですが、色々なことがあり、本当にたくさんの方々に助けられ、支えられ、励まされ、良い経験をしました。辛いことも多かった分、今がとても大切に感じられます。

「全て必要なことが起きている」とどこかで聞いて、なるほど!と最近は見えない先の不安に悶々とするより、今を大切にどう楽しんでいくか!ということを考えて過ごすようにしています。
そんなときに先輩スタッフのYさんから、しまなみ海道のウォーキング大会が開催されることを聞き、何と80kmの道のりを2日間かけて歩くことを決意しました!
少しの山道を歩くと水が溜まってしまうこの両膝、観光散策をしていると足底腱膜炎になるこの足・・・。そんな私が80km歩行に挑戦するのであれば、トレーニングは必須!ということで、最近は、めっきり筋トレ・ウォーキングに目覚めました。

毎日少しずつ重ねていると眠っていた筋肉達が悲鳴を上げ、筋肉痛の毎日・・・。けど夕暮れ(というかほぼ夜)の道を歩いていると、見過ごしていた季節を感じることが出来、気分もすっきりして、ストレス解消にもなっています。何かきっかけがないと、このような経験も出来ないし、今だからこそ出来ること!80kmを歩ききった先には何か見える!・・・はず・・・と思いながら、楽しんでいます。

ここで宣言した分、完歩しなければ、何だか恥ずかしいことになりそうですが、始まる前からとても不安でたまりません。でも、スタッフも何名か参加するため、励まし合いながら歩きぬくことを信じて、日々これからもトレーニングに励みます!
f0208667_17185729.jpg

[PR]
by cmcweekly | 2012-08-24 17:28 | プライベート公開

お墓参り

先週は、お墓参りに尾道に行ってきました。
お墓は、とても景色のよい所にあって、いい眺めをみながらお祈りすることができます。
お正月ぶりにみんなに再会しました^^
うちの父は、父の年齢ではめずらしく8人兄弟なので、集まると大人数!
数えたことないですが、集まると何十人かはいます。
私のいとこの最終年齢は、なんと、3歳です(笑)
最近は、いとこが結婚したり、子供ができたりでだんだんと全員が集まる機会が減ってきましたが、集まると大賑わいで楽しい時間を過ごせます。
昔は、みんなで島に行って泳いだり、家の中でかくれんぼなどをして遊び、同い年のいとこと離れる時は泣いてたりもしました。

私は、広島を離れていた頃は、祖母に会う機会が減っていました。
岡山でこの仕事を始め、命は永遠ではないことを身をもって実感する機会が増えていきました。
18歳の頃から家をでていた私は、この仕事をすると共に「親もいつまで生きているか分からないな」と思い始め、新たなスタートを切る機会とともに広島に帰ろうと決意しました。
そして、祖母、島根にいる祖父にも会う機会を増やそうと両親が帰る時には、必ず一緒に行くようにしています。
おじいちゃんもおばあちゃんも段々と年齢を重ねてきていますが、いつまでも元気でいて欲しいなと思います。
f0208667_9315025.jpg
[PR]
by cmcweekly | 2012-08-20 09:32 | プライベート公開

ある日の会話

連日厳しい暑さが続いていますが、皆様夏バテしてませんか?
私は少々バテ気味です…。
水分・栄養補給は十分に行ないましょう☆

毎日同じような日々が過ぎていき、年に1~2回巡ってくるこのブログ担当のネタ探しも困っちゃいます。毎日ブログを書かれている方はホントすごいですね。
そんな平凡な毎日でも、利用者様やスタッフから色々な刺激を受け成長させて頂いています。

私は先日ある利用者様との何気ない会話の中で色々と考えさせられました。
利用者様がこう話しかけられました。
『最近ふとこう思うんよ。人生はくじ引きのようなもので毎日くじを引いて、今日は元気、今日は交通事故に遭う、今日は病気になるとか・・・。急に訪れるよね。だから毎日大切に生きないといけんね。』

私はこの言葉を頂いて、大なり小なり辛いこと悲しいことはありますが、改めてわりと健康で仕事ができて楽しいことも自由にできるということに感謝し、毎日を大切に思って生きないといけないなぁ~と感じました。
もし不慮の事故や病気が突然訪れても、色々な葛藤や後悔・不安などあるとは思いますが、家族や周りの方々の健康と幸せを願いつつ、今自分が生かされていることに感謝しようと思います。

皆様もどうかお身体に気を付けて、充実した毎日を送ってくださいね☆
[PR]
by cmcweekly | 2012-08-10 09:12 | プライベート公開

8月6日を迎えて

今日、ヒロシマは原爆投下から67回目の夏を迎えました。
福山出身の私は小学生の時は毎年8月6日に登校し、平和学習を受けました。
小1の時に「はだしのゲン」に号泣し、最後まで観ていられませんでした。
また、小4の社会見学で訪れた平和資料館で眼にした生々しい資料に受けた衝撃は今でも覚えています。

毎年、8月6日に行なわれる平和学習の大切さは幼いながらに感じていたつもりでしたが、正直、その日が嫌で嫌でたまりませんでした
戦争について学ぶ度に、今この瞬間にも戦争が始まって、原爆が落とされるのではないかとおびえ、夜はなかなか寝付けなかったものです。

そんな思いも年齢とともに徐々に薄れていましたが、20台半ばの時に職場の同僚が「原爆の日がいつか分からない」を話しているのを耳にしてショックを受けました。
広島出身ではない同僚にとって祝日でもない「その日」はあまり意味のあるものではなかったのかもしれません。
それでも、幼い頃から戦争・平和を身近に感じてきた私には衝撃的な言葉でした。
その頃からでしょうか、また「ヒロシマ」を意識するようになったのは。

福山という土地柄、親類に被爆者はいませんが、戦時中、海軍飛行予科練習生として呉にいた祖父は、終戦が後半年伸びていたら特攻隊として命を落としていただろうということです。
8月15日の終戦のおかげで、祖父が生き、母が生まれて、私が生まれた。
まさに生かされているなと強く感じました。
またその逆に、終戦が8月15日までずれ込んだために、特攻隊として散ってしまった命、その命に続くはずだった子孫の命が生まれてこれなかったと思うと、無念に思えます。

「ヒロシマ」に生きる者として私にできることはほんの些細なことしかありません。
でも、この思いだけは決して忘れることなく持ち続けていこうと、決意を新たにしました。
f0208667_8424853.jpg
[PR]
by cmcweekly | 2012-08-06 15:43 | プライベート公開

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly