<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

食欲の秋

すっかり過ごしやすい季節になりました。
スーパーに並び始めたミカンや松茸に季節の移り変わりを感じる今日この頃です。

秋といえばなんだかアクティブに動き回りたくなる季節ですが、実は私出不精なんです。

予定のない休みの日は素ッピン、家着でゴロゴロ過ごすのが何よりの楽しみ。
とにかく食っちゃ寝食っちゃ寝するのが大好きです。

そんなグウタラな私、最近はお買い物もお家で出来るネットショッピングばかり利用しています。
(どこまでも家から出ない自分が若干心配になったりしますが・・・)
広島本通がさびれてくるのは私のような人間のせいかもしれません。


最近もネット見たキッチングッズの中ですごく便利なものを見つけて、思わず購入♪

それがこのフライパンです!

f0208667_17464647.jpg
















ただの小さいフライパンじゃん!と思ったそこのアナタ。
じつはこの子、小さいのに優れものなんです。(安心の日本製ですよ)


なんと、このフライパン、お魚焼きのグリルにそのまま入れて調理できるんです♪

本来ピザを焼くためのものなんですが、ほかにも色々使えます。

ピザはもちろん

f0208667_17483864.jpg
















トーストも焼けます。(となりでソーセージなんかもついでに焼けちゃう!!)

f0208667_175051.jpg
















スイーツ(スイートポテト)もなかなか良い焼き目でしょ♪

f0208667_17512356.jpg
















この週末はこれでパエリアなんぞ作ってみようかと計画中です。

なんだかすっかりこのフライパン会社の回し者のようになってしまいましたが、3行クッキングに対抗して、私もお勧めキッチングッズをシリーズで紹介しますので乞うご期待!!
[PR]
by cmcweekly | 2012-09-28 17:53 | プライベート公開

自分にお疲れさま

朝晩はすっかり涼しくなり、稲穂が頭をたれ秋らしさを感じる季節となりました。
長かったような、月日の過ぎるのが早かったような、25年を経過して、マイホームが本当の意味で自分達のものになりました。
肩の重い荷が降りたみたいで何だか腑抜けな感じがしています。
思えば色々な事がありました。
ご縁あってこの団地に越して来て、子供を通して沢山の人達とお知り合いになりました。
とりわけ岡林先生ご夫妻との出会いは衝撃的でした。
二人の子供達がそれぞれ同級生でご近所同志、すぐに仲良しになり行き来させてもらうようになりました。
お庭でさんまパーティーをして以来、急速に親しくなり、二家族で旅行に出かけた湯布院の宿の楽しかったこと・・・
生涯忘れることができません。
長い年月、挫折しそうになる時が何度となく訪れたけど、無事に元気で完済することができたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
しかし、年月と共に家も風化して、今度は外壁を化粧直しすることになりました。
次から次へと手直しすることがたくさんです。
思い切って明るい色に生まれ変わります。
もうすぐお色直し完了です。
また新たな目標に向かって前向きに頑張ろうという気持ちが湧いてきました。
理解ある旦那様の後押しもあって、来月、ご褒美にドイツ旅行が待っています。
ロマンチック街道からザルツブルク・ウィーンへの世界遺産観光、魅力あふれる名所を巡って来ようと思います。
ワクワク、ドキドキ、楽しんできます。
[PR]
by cmcweekly | 2012-09-20 16:27 | プライベート公開
8月3日~2週間、実習にいらっしゃった、JA広島総合病院 臨床研修医2年次の徳毛健太郎先生の実習を終えての感想を掲載します。



 医師となり1年と半年が経ちました。研修医の身ではありますが、これまでさまざまな経験をし、さまざまなことを学びました。学生の頃はいい加減で、勉強以外のことばかりだった私も、当然到底十分とは言えませんが、以前よりは仕事もできるようになり、若干の自信は持てるようになってきました。そんな時期にコールメディカルクリニックで研修させていただいたことは、自分を省みる大変よい機会となりました。

 往診に同行させていただいて、私にとって最も心に残ったのは、各患者さんの居室に飾られている、ご本人やご家族の写真の数々でした。ご本人が若かった頃の写真、孫の入学式や結婚式の写真などが目に飛び込んできました。そこからは病棟や外来診療では見えてきにくい、患者さんの歩んできた道や、かけがえのない家族の存在が、ありありと伝わってくる気がしました。患者さんという感覚ではなく、1人の人間のリアルな様子が実感できました。自分自身と同様、それぞれの患者さんにはそれぞれの人生があり、それぞれの家族があります。私たち医師は、そんな自分と同じ1人の人間を診療しています。それは当たり前のことなのですが、わかっていても私たちは普段の診療でそれを忘れがちで、データの改善ばかり気にかけたり、病気以外のことに関して配慮が足りなかったり、そんなことがしばしばあります。今回そのことを改めて考えました。

 在宅診療を経験したのは初めてでした。意外だったのは、患者さんも、そのご家族も明るいことでした。たとえ治らない難病を抱えていても、癌の末期で死が近づきつつある人でも、前向きに暮らしている方が多いことに、私は少し驚かされました。私は地域の中核となる総合病院で働いています。癌や脳卒中を患った患者さんを何度も見てきました。戸惑いや不安を隠せない患者さんや家族を見てきた私には、「治らない=負け」という感覚が心に中にあったのだと思います。しかしそのような患者さんが、自宅に戻ってどんな生活をしているのかは見たことがありませんでした。在宅診療を通して、「治らないが、負けではない」ケースを何度も見せていただきました。不安や悲しみがなくなったわけではないのかもしれませんが、患者さんが前向きな気持ちで過ごすことができているのは、病気を抱えながらも自宅で暮らせていること、そして家族も引っくるめて親身になって診療を行うコールメディカルクリニックの皆様の力によるものでしょう。患者さんやそのご家族のいろんな側面を理解し、患者さんというより、まるで友達のようなスタンスで診療を行う様子は印象に残っています。

 診療だけでなく、クリニックとデイケアも印象的でした。最初にクリニックを訪れたときの印象は「ここが病院?」という感じでした。外観も内装も綺麗で清潔感があり、スタッフも誰一人白衣を着ていません。いつも私たちが感じているあの「病院っぽい空気感」は全くありませんでした。クリニックで診療を行うことがないので、まるでオフィスのようなところです。往診といっても、必要な検査は、X線による画像検索以外はほとんどでききますし、ある程度の外科的処置や内視鏡検査も在宅のまま施行できるようです。デイケアは食事や団欒の場とリハビリテーションの場が別れていますし、トイレや風呂の利用者も直接見えないような構造になっています。「デイケアを幼稚園にしてはいけない」と院長はおっしゃっていましたが、まさにその通りで、個々の患者さんを尊重してしっかりリハビリテーションを行い、かつ患者さんが人とのつながりを作る楽しい場所にしたいというコンセプトがはっきりしていました。そのコンセプトをもとに、いろんな工夫やこだわりがあり、個性的で理にかなったデイケアになっていると思いました。食事内容もかなり細かく個々の患者さんに合わせて変えていることには驚きました。そして何といっても、食事がおいしい。昼食に出していただいた食事が毎回おいしいのです。職場で「メシがウマい!」と思えるのは、個人的にはとても良いことだと思います。

 総合診療医が不足していると言われています。コールメディカルクリニックは総合診療形式の1つの模範回答かもしれないと私は思います。これからもコールメディカルクリニックの皆様のご活躍を祈念しています。このような形で、在宅のまま総合的に患者さんのケアを行う施設がこれから増えて欲しいと思います。2週間という短い時間でしたが、往診に同行させていただき、さまざまなもの見て、勉強させていただきました。呼吸リハビリや肺内パーカッションベンチレーターなど、普段触れる機会のなかったものも勉強するきっかけとなりました。自分の診療・自分の将来を考える大変良い機会になりました。私のような未熟者にも丁寧に接していただき、ご教示いただいたスタッフの皆様、ありがとうございました。私の突然の訪問を快く受け入れてくださった、患者様、そのご家族の皆様、ありがとうございました。今回の経験を生かして、これからも精進していきたいと思います。
[PR]
by cmcweekly | 2012-09-14 17:23 | 感想
残暑も厳しいこの季節、皆様いかがお過ごしでしょうか?ここ最近コールで炊くご飯の残量も増えたという事は、皆様の食欲も減っているのではないでしょうか?そこで前回も大変ご好評を頂きました3行クッキング、今回はご飯とよくあう漬物と佃煮を紹介したいと思います。それでは、、、
ミキティの3行クッキング~♪♪♪

きゅうりのリーちゃん
f0208667_16233083.jpg〈材料〉
きゅうり 1㎏
にんじん 半本
しょうが 1かけ(卵大)
砂糖 200g
だし醤油 300cc
酢 100cc




①きゅうりを3~5㎜位の輪切りに、人参としょうがは千切りにする。
② ①と調味料を鍋にいれ、煮立つ寸前に火からおろし、汁と具を分けて冷ます。これを3回繰り返す。
③3回目が冷めたら再び一緒にして一晩浸けておく。


ゴーヤの佃煮
f0208667_16254531.jpg〈材料〉
ゴーヤ 1㎏
砂糖 250g
醤油 150cc
酢 100cc
かつお 30g
ちりめん 25g
ごま 50g



①ゴーヤは種とわたをとり2㎜位の薄切りにして湯通しする。
②水気をきって、ごま以外の調味料と一緒に水分がなくなるまで約1時間煮る。
③火を止める前にごまをいれる。


皆様是非つくってみて、厳しい残暑を乗りきって下さいね♪♪♪
[PR]
by cmcweekly | 2012-09-14 16:27 | プライベート公開

9月生まれ

朝夕の風が涼しくなり、ホッとするこのごろですが、皆様、いかがおすごしでしょうか?

カレンダーを見て気づきました。
「私の周りの人達は、なんと9月生まれの人が多いのだろう!」
ということで、以下9月生まれの私の知り合いを紹介してみようと思います。

6日)母71歳。西条から広島へ来るとき、「重たいからいいのに。」と言っても、
  必ず畑の野菜をいっぱい袋に詰めて、電車に乗ってくる母です。ありがたいです。

9日)姪14歳。某進学校でとても優秀な成績だと聞いています。
  将来楽しみです。

9日)主人の祖母90歳。ひ孫のために手作りパッチワークのポーチをプレゼントしてくれました。
  温かい人柄を尊敬しています。

13日)主人48歳。3ヶ月間で12kgのダイエットに成功して、少し若くなりました。

16日)姪5歳。ペットは、ネコ・キンギョ・カエル・カメ色々います。
   動物好きのかわいい子です。

21日)『わがコールの院長先生』還暦。年中無休の献身的なお姿をいつも尊敬しています!!

9月生まれの皆様、お誕生日おめでとうございます!
[PR]
by cmcweekly | 2012-09-07 17:30 | プライベート公開

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly