<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

母は家族の太陽

 私の母はいつも明るく天然キャラで私よりキャピキャピしています。
私がサッカーを始めたら興味を持って自分も始めちゃうほどです。
しかし持病があり、私が幼い頃から『えっ!?昨日すごい元気だったのに今日はぐったり寝込んでる(>0<)・・・』ということが再々で毎日嘔吐して点滴をうちながら仕事に行く日々。。。原因不明の腹水貯留や、私の大事な試験の前に心停止で緊急入院したこともありました。
 朝一番に母の笑顔が見えないと何だか調子が狂って一日ドンヨリとした曇り空のような気持ちになり、家族みんなのテンションも低くなりました。
年齢が増えるにつれていつの間にか『あ~また寝込んどる・・・また私が家事をせんといけんし妹の世話も、勉強も・・・』と、自分のしないといけないリストが増えてイライラしていたことを覚えています。自然と色々やらざるを得なかったおかげで大人になってから結構役に立ってるような気がしますが(笑)・・・。
 
 しかし、私が高校・専門学校時代に片側ずつ膝の手術をした時、母は仕事・家事・子育てをこなしながら自分の体調管理そっちのけで自宅から遠く離れた病院に毎日数分でも顔を見せて笑顔で励ましてくれました。手術後夜中に麻酔が切れた時、痛みが強くて身の置き所がなく母に物を投げて当たってしまったこともありましたが、母は怒ることなく一緒に泣きながら身体をさすってくれました。普段の生活でも沢山支えてもらって感謝していますが、この時こそ母の愛情・気遣い・手当てに救われたことはありません。
 そういう母をみてきたからこそ、『人に与えられる人間になりたい』・『少しでも人を支えられる人間になりたい』という思いが強くなり医療に携わる道を選んだのかもしれません。
 
 親はいつまでも元気じゃないんだ・・・。
色々痛い所や病気も増えて身体も動きにくくなります。
母は最近肩の腱を断裂して来月手術することになりました。
 さぁ~!!今度は私が励まし支える番だ(!o<)b
少しでも痛みを和らげ、笑顔を見ることができ、親孝行できるよう看病したいと思います。
そして、私がいつか結婚・出産して母親になれたら、母のように器用にはこなせないかもしれませんが家族にとっての温かい『太陽のような存在』になれたらいいなぁ~と思います(*^^*)。
[PR]
by cmcweekly | 2013-03-28 17:49 | プライベート公開

『有り難う』

私には忘れられない人がいる。
まだ新人だった頃、あるご夫婦と出会った。
奥様が脳梗塞で入院され、ご主人が献身的な介護をされていた。
幸い麻痺も軽く、日常生活に支障ないほどまで回復し、退院された。
病院勤務では患者様とプライベートまで関わることは珍しかったが、
ご自宅へ招待して下さり、遊びに行ったことを覚えている。

数年後、病院の廊下でその奥様と出会った。
「今度はご主人が脳出血で入院された」とのことだった。
奥様の時より重度で、気管切開をされていた。一般病棟へ移り
車椅子で何とかリハ室へ来られるようになった。元気だった頃を知っていたため
変わり果てた姿にショックを受けた。
気管切開をされていたため声が出ず、私はペンと紙を渡し
「今の気持ちを書いて下さい。痛いところはないですか?しんどいですか?」と尋ねた。
するとご主人は弱々しくペンを持ち、でもしっかりした文字で

『有り難う』

と書かれた。
私は予想していなかった言葉に驚き、言葉の意味が分からなかった。
命を助けてもらった「有り難う」なのか、今までの感謝の気持ちから
奥様や家族への「有り難う」なのか・・・

自分が苦しい時、誰かに対して「有り難う」が言えるってすごいなって思った。

ご主人はリハ室に来れたのはその1回きりで、その後状態は悪化し人工呼吸器装着となり数日後亡くなった。

日々の生活の中でよく出てくるのは不平不満、愚痴・・・などなど
でもちょっと気持ちを変えてまわりの人へ感謝を伝えことも大事かな、と。

まずは自分の一番身近な人へ「有り難う」と言ってみようと思う。
[PR]
by cmcweekly | 2013-03-15 18:52 | プライベート公開

平和マラソン裏話

少し前の話になりますが昨年の11月に訪問リハビリの利用者さんと『広島平和マラソン』に参加しました。
翌日の新聞に『左手に託した夢ゴール』の題で記事として掲載されました。難病の方が多くの応援を受けて電動車いすで平和マラソンに参加。そして、伴走の作業療法士と5kmを完走する。といった内容でした。
しかしながら、そこには記事にはならなかった多くのドラマがありました。

f0208667_1513617.png











まず、実は利用者さんの娘さんも一緒に参加していたのです。当初は娘さんが中心の記事になるはずでしたが高校生(思春期?)の事もあり「写真が載るのも記事になるのも嫌!」と。しかし、マラソン当日は疲労で車椅子の操作が難しくなると率先してお父さんの車椅子を押してくれていました。とても良い光景でした。
そしてもう一つ、実は利用者さんと相談して奥さんへ直筆の『ありがとう』のタスキを作っていました。マラソン途中でそのタスキをかけてゴール地点で待つ奥さんをびっくりさせるといった作戦でした。
マラソン当日。折り返し地点で準備したタスキをかけて、いざ奥さんの待つゴールへ。

f0208667_1511320.png











ゴール付近で奥さんを見つけ駆け寄ったのですが、タスキを見る前から奥さんは「おかえり・おかえり・・・」と何度も叫びながら号泣されていました。奥さんは「夫が病気になって10年。夫は家で待っていて、自分が仕事に行くので“ただいま”としか言った事がなかった。10年ぶりに“おかえり”と言える事がうれしくて、うれしくて」と。・・・感動させてもらいました。
いまでもマラソン当時の応援メッセージや写真が部屋に飾られてあります。そしてタスキも台所にそっと飾られています。
[PR]
by cmcweekly | 2013-03-08 15:15 | プライベート公開

peach♪のつれづれ

春ですね~♪ひと雨ごとに陽射しが明るく暖かくなってきました。
町を走れば梅の花や桃の花・・・咲き誇ってきています。
立春を過ぎると訪問先のお家や施設ではお雛様が並ぶようになりました。
とっても立派な七段飾り・・・お顔立ちの素敵な親王飾り・・・手作りお雛様 etc
今年も沢山のお雛様を見せて頂きました。
2つと同じものはなく とっても素敵なお雛様ばかりです。みていると気持ちもほっこり。
季節の移り変わりやその時々の風習を見て感じることが出来るのも往診の楽しみの1つです。
そして!往診に伺わせて頂くと人生の大先輩である方々にとても多くのことを学ぶ機会があります。
家族や友人への思いやりであったり子育てであったり・・・生き方☆
時にはお料理やお茶・珈琲の入れ方 お花の飾り方・・・etc 具体的なこともヾ(*⌒∇⌒)ノ
みなさん いろ~んな技?!を持っておられ、それをさりげな~くご披露下さったりするのです。
最近感動したのはo( 〃σ σ〃)o「お客様にホカホカあったか~い座布団の出し方」
せっかくのホットカーペットに座布団を敷くと座面は冷んやりしますよね?!
そこで!座る瞬間にサッと手早く裏返す!!すると「ホッカホカ~で気持ちい~い座布団」になるのです。
これはMお母さんの技です☆私も友人が遊びに来たらやってみる~!!と心弾んだのですが・・・残念★
我が家にはホットカーペットも座布団も無かったヽ( ̄▽ ̄*)ノ
友達もめったに来ませんけど・・・まずは座布団の1つや2つ準備しとかなくちゃです・・・ネ。
祖母や母親 お姑さんに習うであろうことを教えて頂いている そんな感じでしょうか。
たくさんの祖父母やお姑さんがあちらこちらに居てくださり 女子力UP♪間違いなしです(// ̄ー ̄//)ゞ
そして・・・娘にもちゃんと繋いで行きたいなぁと思います。
皆様 これからもよろしくお願いします☆女子力UPがんばります(〃∀〃)♪

我が家でも娘のお雛様を飾りました☆今年で10回めです
娘の健やかな成長 幸多かれと願いを込めて・・・☆
f0208667_16364358.jpg

[PR]
by cmcweekly | 2013-03-01 21:21 | プライベート公開

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly