<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

梅の季節

 先日 主人が梅を2㎏ほどいただいて帰りました。黄色く色づいて見るからに梅干し用です。とうとう私もそんな年になったかなあと思いました。実は梅干し作りは初めてなのです。 本を見たり、人に聞いたりしながら 今 塩漬けしているところです。… 最近の梅干しには 蜂蜜やかつおぶしが入っていますよね。今まで祖母や母の 手作りのすっぱい梅干しを食べてきた私は、初めて市販の梅干しを食べたとき「なんか変な味だな」と感じました。娘も「おばあちゃんのすっぱい梅が食べたいよ。」と言います。 「自然ですっきりした味の梅干し」が私にもできるかなあとちょっと期待しています。昨日梅の様子を見ると 少し水が上がってきていました。梅のフルーティーな薫りをかぎながら、これからが楽しみです。「ええあんばいやなあ~。」とよいお湯加減のことを祖母がよく言っていました。あんばいとは(塩梅)と書き 塩と梅酢の味加減から物事の具合のことを言うようになったそうです。方言ではなかったんですね。
 梅の奥深さを感じるこの頃です…。
[PR]
by cmcweekly | 2013-06-28 13:22 | プライベート公開

初めまして

初めまして、5月からお世話になっております、看護師です。

私は看護学校を卒業後、9年間広島市内の総合病院に勤めました。
広島生まれ、広島育ちで広島が大好きです。

学生の頃から在宅に興味がありましたが、まずは修行のためにと総合病院へ入り、
内科・集中治療室・透析室を経験しました。

たまたま、CMCのドキュメント番組を目にし、釘づけになりました。
「私もこんな医療に関わりたい!!在宅で安心して過ごせる医療のお手伝いがしたい!!
退職したらCMCを訪ねてみよう!」と思い、退職後に思い切って、CMCへ問い合わせてみました。

思ったより強面の院長にちょっとびっくりしましたが、1日同行させてもらいました。
在宅で安心して穏やかに過ごされている方々と実際に関わらせて頂き、テレビでは見えなかったこともたくさん見えて、感激しました。        
ちょうど募集をかけようと思っていたところだと運よく採用してもらいました。

院長をはじめ、みなさん働き者で、患者様に寄り添う優しい医療を行うスタッフの方を見て心が温かくなります。せっかく頂いたチャンスを大切に、できることから自分なりにコツコツとがんばっていきたいと思います。

性格はのんびり、マイペースで、よく寝ます。独身で家族7人と猫と賑やかに暮らしています。
趣味はあまりないのですが・・友人とランチ&スイーツめぐり(まめな友人がよく連れて行ってくれます)、温泉、旅行、映画鑑賞、冬が好きでたまに雪山に滑りに行きます。
                                     
最近は天満町のクレープ屋さんに行きました!
ちょうど半額の日でイチゴ&バナナチョコ アイス入りでなんと430円(ドリンク付き)でした。
焼き立てモチモチ、具だくさんのクレープがとってもおいしかったです。
店内で食べられるし、キッズスペースも充実していました。オススメです★

f0208667_8325286.jpg







         


 
 
皆様、こんな私ですが、どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by cmcweekly | 2013-06-21 08:32 | プライベート公開

夏の往診

 梅雨とは名ばかりで、真夏日が続いていますね。訪問診療チームに入り約1年になろうとしていますが、夏の往診の恐ろしさを痛感しはじめました。
 学生時代は室外プールのある水泳部に所属していたので、その頃はご多聞にもれず黒光りしていました。室内プールのある学校をどれほどうらやましく思ったか・・日焼け止めを塗るとプールが汚れるという先輩に反抗できず、小学生以上に黒くなっていた頃を懐かしむ今日この頃です。ある一定以上黒くなると、自暴自棄になり黒くなっている方が格好いいよね、と黒さの比較をして、勝って喜んでいたりしました。部活(学校?)を無事卒業し、社会人として病院へ勤務するようになってからは、日が出ている頃に外出することが少なく、それなりに白くなりました。とはいうものの、やはり蓄積ってあるんですね、「地黒だから~」といっても誰も「嘘でしょ?」と言ってくれなくなりました。昔は白かったんですよ。赤ちゃんの頃は・・・。
 そんなこんなで往診も始まったことですし、「光老化」という言葉が胸に痛いお年頃になり、「なぜ今まで頑張らなかったの」と思われながらも、日焼け対策を始めました。(本気になったのは1週間前ですが・・)つばの大きい帽子と手袋、ポロシャツの襟は立てて・・そして、SPF値の高い日焼け止めを一生懸命塗っている横で、F先生の一言。「私、日中は外に出てなかったけど、シャーカステンの前にいただけでも焼けましたからね~。日焼けはUVだけが原因じゃないから、UVだけカットして安心してても・・・」
 いいんです。例え無駄でも。F先生が毒舌であることを最近気づきはじめたとしても。そして、「ためしてガッテン」で、昔の日焼けの後遺症は元に戻すことはできない、と先日オンエアされているのをちょうど見てしまったとしても。
 ジリジリと照りつける太陽の下、往診を苦痛と思わずに笑顔でご挨拶出来るよう、雨にも負けず風にも負けず、シミやシワにも負けず、今日も日焼け対策頑張ります!
[PR]
by cmcweekly | 2013-06-17 19:00 | プライベート公開

イベント

 当院では、さまざまなイベントが企画され開催されています。大きなものはフェイスブックにアップされていますが、そのほかにも小・中規模のイベントがたくさん行われています。この4月から5月にかけ行われたイベントをちょっと紹介してみます。

1)4月11日(土) 「花のまわりみち(広島造幣局の八重桜)」でお花見
頭部外傷後の患者さんと奥様を囲んで、お花見に行きました。「花とスタッフのどちらがきれい?」と言う質問に「どちらもきれい。」との模範解答。

2)4月11日(土) カープ対ジャイアンツ戦観戦
 お花見が終了後、午後からは別の患者さんとご家族との野球観戦ツアー。この患者さんは、退院時には気管切開がされていましたが、在宅での訓練で約10ヶ月後に見事閉鎖することができました。口からも食べられるようになったお祝いにとスタッフ共々観戦しました。あいにくの雨でしたが、熱狂的ジャイアンツファンの彼に勝利のお祝いがありました(彼以外はすべてカープファンでしたが…)。

3)4月27日(土) マツダスタジアム パーティールームでの野球観戦
 マツダスタジアムのパーティールームを貸切り、野球観戦を開催しました。患者さんとその家族12名、スタッフ17名の計29名の参加でした。事故で脊髄を損傷した患者さん。事故後初めての野球観戦でした。お姉さん、「この日を夢見て、昨夜は眠れませんでした。きっと当日は泣いてしまうと思っていましたが、介護でそれどころではありませんでした。」と満面の笑顔でした。残念!カープは負けました。

4)5月17日(金) 公開市民講座「PM2.5を中心とした新たな地球環境問題」の開催
 患者さんが理事を勤める大気環境学会等が主催する公開市民講座開催に協力しました。講演医師の紹介に始まり、中国新聞や広島テレビ、ウォンツ薬局での広報活動を支援しました。中でも、広島テレビには、担当する理学療法士と患者さんが一緒に出演し宣伝しました。おかげで150名余の参加があり、成功裏に終わりました。ご協力いただきました各社の方々にお礼申し上げます。

5)5月18日(土)「コールの丘の音楽会」開催
 東京や横浜で活躍されているプロのミュージシャンをお招きし、音楽会を開催しました(フェイスブックに載せています)。庭の花の植え替えに始まり、中庭のタイルの高圧洗浄(スタッフのご主人がボランティアでやってくれました)、お土産(CMCせんべい)の用意、テント設営、椅子の設置等、数週間前から準備されました。スタッフを含めると90名以上の参加であったため、室内に入りきれず中庭を使いましたが、日ごろの行いが良かったためか見事晴天!

6)5月18日(土)「フォト&エッセイ コンテスト」優秀賞表彰式への参加(東京)
 音楽会が開催された同じ日に、東京で行われたコンテストの表彰式に患者さんが参加されました。難病を負いながらも、昨年の平和マラソンに参加できた喜びを、家族への感謝の気持ちとともに表現したエッセイと写真が見事優秀賞を獲得しました。東京での表彰式に、当院の作業療法士が付き添いました。「涙、涙で言葉にならなかった。」との事でした。

7)5月22日(水) 広島記念病院にて合同デスカンファレンスの開催
 「デスカンファレンス」とは、亡くなった患者さんを振り返るカンファレンスです。これまでは院内で開催してきましたが、病院の方々も一緒に、退院後の様子を知ってもらうことが必要との思いで、初の出張カンファレンスを開催しました。記念病院の看護師さんにもたくさん参加していただきましたが、中には涙ぐまれている方もおられ、「退院後はどうなったのか知りたかったのですが、電話で聞くのもどうかと思っていました。こうして穏やかに最期を送られたことを知って安心しました。」との感想が述べられました。その後、メキシカン料理店で懇親会。ラム酒+テキーラの飲みすぎで、次の日は夕方まで二日酔い!

 こうしたイベントのほとんどは現場スタッフからの提案です。イベント委員会は、それを企画し、実現させて行く訳ですが、実際に現実のものとするには「時間」と「お金」と「エネルギー(労力)」が必要です。在宅医療は、病気や障害を持ちながらも生活し人生を楽しむことを援助するシステムですので、イベントも在宅医療にとって重要な役割を持っています。そうした思いをスタッフが共有し、ひとつずつイベントを実現していくことが、「CMCの底力」だと思っています。
[PR]
by cmcweekly | 2013-06-01 08:49 | プライベート公開

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly