<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「育児」は「育自」

 兄弟姉妹や従兄弟も多かったこともあり、子どもは昔から大好きでした。それまでは緩和医療方面に進もう思っていたのに、小児科実習を経た後は子ども相手の仕事しか考えられなくなり、今に至ります。現在では残念ながら、仕事で子どもと触れ合う機会があまりないのですが、おじいちゃまおばあちゃまの可愛さに日々癒やされています。
 そんな私は3人の保育園児の母です。コールのスタッフからは、「仕事と育児、両立していますね!」なんて言われていますが、母というのは名ばかりで、育児担当は優しい保育園の先生です。あれだけ子ども好きを公言していたのに、「保育園万歳!土曜日保育万歳!」なんて言って憚らなくなってしまいました。
 10年くらい前、小児科学会でテレビ等の長時間視聴に関する提言がありました。その当時まだ青くピチピチだった私は、「2歳未満の子にテレビは見せないようにしましょう。親の責任ですからね。」と偉そうに育児指導していましたが、今では「独りにしないことと長時間でなければ、テレビ見せて良いですよ~」と人に優しいふりして自分に甘い事、この上ありません。(小児科学会の提言でも「長時間」見せないように、ということで、全く見せないようにとは言われていません。一応、念のため・・というか保身のため?)育児相談を受けても、「そんなの大丈夫よ~」で終わることが9割です。
 そんなテキト-な私の子どもでも、有り難いことにスクスクと成長しています。
 この春年長さんになる長男は、「そんな意地悪なこと言ったら、カッパ寿司(新幹線がお寿司を運んでくれる回転寿司)に一緒にいかないからね!」と、私の口癖そっくりなことを言います。以前は外出の度に迷子になっていた4歳の次男も、保育園の先生から「Tくんはお兄ちゃんになりましたよ!みんな静かに座っている時に走り回ることが少なくなりました!(注:なくなりました、ではないです)」と褒めてもらいました。そして、新横綱・鶴竜似と言われる4月で2歳になる三男も、「でんしゃ」「ばしゅ」「とっきゅうじゃー(今一番アツい戦隊ヒーロー)」「しんかん(せん)」など、ようやく言葉が出てきました。ほとんど乗り物の単語で、なかなか母は呼んでもらえませんが・・
 いつも同じようなお弁当だし、嫌いなものも結構入れているのに、ちゃんと残さず食べてくる息子たちをみて、成長したなあと目を細めた数秒後には「こらー!咬んだらダメ!叩いたらダメ!キックもダメ!」と、「お母さん、なるべく使わないようにしてくださいね」と以前指導していた「ダメ」を連発しています。そんな風に怒っていると、最近息子たちが「ごめんなさい、お母さま!」と言うようになりました。これは、私が怒っている時に、「お母さま」と言われ不覚にも笑ってしまった後からこうなったのですが、外出中にも「ごめんなさい、お母さま!」と言うため、どうも周りからセレブ奥様と思われているようです(誰からも言われませんが)。その後、「お母さん、笑って!」と言われ、頭から角が何本も出ている自分にハッとし、『「怒る」じゃなくて、「叱る」ですよ~』と言っていた頃を思い出し反省・・。「育児」は「育自」と痛感する今日この頃です。
[PR]
by cmcweekly | 2014-03-28 17:34 | プライベート公開
前回のブログから季節は巡り、年も変わり3月となりました。
コールに来てもうすぐ1年です。
初回ブログでは体重のことに触れましたが、結局・・・
81kg→79kg、と微減香りのヘアカラ~でした。
反省&残念・・・・・・
だって、昼も夜もおいしいんだもん!(言い訳していいわけ?!)

話は変わりますが、先日発表された平成26年度診療報酬改定では団塊世代が75歳になる2025年に向け、さらなる在宅医療の充実や主治医制などが盛り込まれていました。地域全体で支える医療やケアの充実に益々重点が置かれていくようです。
一方で有料老人ホームやケア付きマンションのような自宅扱いの集合住宅への訪問診療に対して厳しい報酬改定がなされました。集合住宅にいる患者さんを短時間で大量に診察し、暴利を貪る悪徳業者、医療機関が実際に存在したわけですが・・・本来は真面目に少人数を集めてグループホームをされているところに、一人一人丁寧に診察するような診療機関が多く存在するわけです。
今後は同じ敷地の同じ集合住宅(一般的なマンションも入ります)に、複数の訪問診療先があれば、4月から医療費が突然激安!になります。200戸のマンションに1人だけ訪問する方が2人訪問するより高い医療報酬が得られる!という摩訶不思議な現象が発生します。ただしこれも後付けしたようなルールにより、日を改めて別々の日に訪問する等で結局これまで通り報酬が得られるようです。今後この国の医療報酬改定は性悪説に基づいて決められていくようです・・・・

先日3月1日~2日に浜松市(写真は浜松城)で第16回日本在宅医学会大会に参加しました。

f0208667_11191484.jpg


コールに来るまでは泌尿器科医でしたので、知識も偏り自信のないこともありましたので、少しですが勉強してきました。認知症、独居の患者さんが増えていることから、それに関連した演題がすごく目立ちました。その中で気になるポスターがありました。
ある大学病院泌尿器科の医局員が在宅診療クリニックを4年前にすでに立ち上げて頑張っていた。在宅で必要に応じて抗がん治療も行っている。やるじゃん!在宅医療の重要性を早くから認識している大学医局もあるようで、自分が在籍していた医局をふと思い返すと・・・・・  ふぅ・・・ 殆ど誰も分かっていないような気がして・・・残念! 
いつかみんな気が付いてくれるといいな!
 浜松では鰻が食べられませんでしたが、所用で立ち寄った名古屋で暇つぶしならぬ、ひつまぶし(写真)を頂きました。瀬戸内海のアナゴも大好きですが、やはり鰻には勝てないなあと再認識しました。
 次回の日本在宅医学会大会は盛岡であるそうで、わんこそばに冷麺にじゃじゃ麺がある!と思ってしまった私にはまだ痩せる資格が無さそうである。 アー麺!

f0208667_11194941.jpg


 先日土曜日の待機中、癌の末期で食べたものがしょっちゅう腸で詰まる患者さんから連絡あり、腹痛とのことで往診。往診時には少し楽になっておられました。笑顔もみられ、我々の訪問で安心されたようでした。
 その患者さんが編んで作られたかわいいネズミちゃん?(写真)を一つ頂きました。頂いた後に、「先生、お子さんは一人でよかったの?」と聞かれました。
 どんなにしんどい時でも相手を思いやる気持ちを忘れない、その気持ちに癒されました。ちなみにうちの娘は4月から年少です。
もう一人欲しいな、と思う今日この頃ですが、すでに夫婦共々アラフォーです。
もう時間がないよ!
以上兄のだらだらよくばりブログでした。

f0208667_11201710.jpg

[PR]
by cmcweekly | 2014-03-26 11:20 | プライベート公開
早いもので広島に来て2年あまりが過ぎた。それまで広島に住んだことはなかったが、学生時代から広島出身の友人がいたので、こちらに来てからもあまり広島弁に違和感を感じていなかったように思う。

「いけん」「~けん」「~け」「~じゃけ」「~じゃけん」「~じゃろ」は自然と耳になじんでいた気がする。「しんさい」「きんさい」「みんさい」はなんだか、とっても温かみを感じる広島弁だと思った。

「かばち」「がんぼ」は以前から知っていたので、広島では日常的に使われているのかと思っていたが、今のところ在宅医療の現場で聞くことはない。

在宅医療の現場ならではの広島弁と言えば、やっぱり「たいぎい」と「やねこい」が最頻出だと思う。他に「はしる」「にがる」「あおじ」もよく耳にする。うまく知覚や視覚を表現した言葉だと思う。

初めの頃わからなかった言葉に「たう」「すがる」「はぐる」がある。最初は頭の中で別の言葉に置き換えないとピンと来なかった。2年たった今では、直感的に理解できるし、「きっぽ」や「めぼ」でさえも、感覚的にわかるようになった。

驚いた広島弁のひとつに「たちまち」がある。はじめて聞いたときは、意味はわかるものの、不思議な用法だと思った。確か「家に帰ったら、たちまち○×が必要ですね」というような会話だったと思う。「たちまち」という言葉は、今まで「すぐに、短時間に、見る見るうちに」というような意味で使っていたので、「とりあえず、まずは」というような意味で使われていることに妙な新鮮さを感じたことを覚えている。

今でも少し考えないと意味がわからない広島弁に、「いたしい」「しゅわい」「おらぶ」「かぐる」がる。瞬間的に意味を理解するには、もう少し経験を積まないと難しい。

私にとってもうひつと難易度の高い広島弁は、「~なかった」だと思う。「○×は大きいなかった」というと、私にとっては「大きくなかった(つまり、小さかった)」なのだが、正解は「大きかった」と全く逆の意味で、当初は戸惑った。今では頭ではわかっているつもりなのだが、この否定肯定文ともいうべき広島弁を聞くと、やっぱり「今のは否定文?肯定文?」と一瞬考え込んでしまう。
[PR]
by cmcweekly | 2014-03-14 15:12 | プライベート公開

おめでとう!

先月、リハビリスタッフの一人に新しい家族が誕生しました。

小さな小さな赤ちゃん…

あの赤ちゃんのパワーは計り知れないですね!
口に手に足に…ひとつひとつがなんともいえない可愛さ、見ていて飽きない…
心が癒されました。

1年9ヶ月前、我が子もこんなだったのかぁと不思議でなりません。
一日一日の成長を感じます。
成長は嬉しいけれど、あっという間に大きくなって、一緒にベッタリできる時間なんて今のうちかぁなんて思うと、ゆ~っくり大きくなってねといつも思ってしまいます^^;

小さく産まれた赤ちゃんも、健康優良児☆といわれ、スクスクと成長してときには小悪魔になりママを悩ませているようです(^^)

同僚であり友人である彼女の出産、心から嬉しく思えた出来事でした☆
これからは一緒に子供達の成長を見守りつつ、悩みつつ…
今までとは一味違ったママ友としての付き合いも楽しみです!!
f0208667_8472178.jpg

[PR]
by cmcweekly | 2014-03-03 08:47 | プライベート公開
2月17日~1週間半、実習にいらっしゃった、JA広島総合病院 臨床研修医2年次の下地清史先生の実習を終えての感想を掲載します。


 2月18日から2月27日までの1週間半研修させて頂きました。コールメディカルクリニック(CMC)は院長の岡林先生の講演会や著書を通して、外来でもない入院でもない在宅医療として「第3の医療」を展開していることにすごく興味をもって研修に参加させていただきました。
 CMCの朝は毎日前日分の訪問診療や訪問リハビリ、デイケアについてのカンファレンスから始まります。医師・メディカルスタッフが全員そろって行われるカンファレンスにまず驚きました。全員がすべての患者を把握するように努めるのです。訪問移動中に自分の担当でない患者のことでもディスカッションしているスタッフの方をみると、このカンファレンスの大切さを実感しました。
 いざ訪問に伺うと、患者さん本人およびご家族の方が笑顔で我々を迎えてくださいます。私たちが患者さんと相対するときには、外来にしろ病棟にしろ、ほとんどそういった機会はないように思います。患者さんおよびご家族の方とのあまりに良好なコミュニケーションに驚くとともに、ヘルパーの方がいらっしゃればそこでもすぐにミニカンファレンスが行われます。患者さん、ご家族、メディカルスタッフが大きな輪をもって医療が日々実践されていることを実感します。
 画像検査以外の検査はほぼ施行することができるというハード面の充実さもさることながら、CMCの診療は問診と身体診察が8割以上を占めます。総合病院ではついつい聞き流してしまいがちな患者さんやご家族の訴えに大いに耳を傾け、今介入しなければいけない状況をアセスメントし、薬剤の調整や処置、ときには患者さんの教育といったプランを立てます。いってみれば当たり前のことかもしれませんが、外来や病棟で多くの患者さんを担当しながらの診療ではないがしろにされがちな、この基本的な診療姿勢を貫いていることに感動しました。提供する側の自己満足になりがちな診療に妥当性を担保し、受ける側の満足度を上げつつプロブレムが解消されていくことに、同じ患者さんに2度目に診療に伺った際に成功しているのを目の当たりにしたときに、自分の普段の診療姿勢を反省する機会を得ました。
 CMCでは朝のカンファレンスのほかにも、退院前カンファレンス、緩和ケアクラブ、ケースカンファ、ケアカンファレンスという形で様々なカンファレンスあります。幸い私はすべてのカンファレンスに参加することができましたが、患者さんにCMCが担当する前から介入し、あるいは以前担当していた患者さんについて情報のバックアップを得ることで、近隣の病院や施設と連携を取りながら地域で包括的にその患者さんを支えていこうとする形は教科書よりも教科書的なイメージをもちました。
 人間はいつか必ず死を迎えます。それが、呼吸不全を伴ってか、心不全か、はたまた癌なのかは人それぞれです。けれども、昨今多くなってしまっている病院での死を、自分が慣れ親しんだ自宅で、それも緩和的に苦痛を和らげながら迎えることができたなら、これほど貴いことはないと考えます。そのような状況におかれた患者さんを訪問させていただきながら、いつかは自分の家族が、自分が・・・ということを常に想像しながら参加させて頂いていました。前述の診療姿勢とのひとつとしても、このようなことに思いを馳せることが出来たのも今回の研修ならではだと思います。
 最後になりますが、いち研修医に親しみやすく接して頂き、またさまざまな場面で指導していただいたコールメディカルクリニックの皆さんに深く感謝して、研修の感想とさせていただきたいと思います。
 まことにありがとうございました。
[PR]
by cmcweekly | 2014-03-03 08:36 | 感想

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly