<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 JA広島総合病院 臨床研修医2年目白石剛章

 私は2014年7月28日〜8月8日までの2週間コールメディカルクリニックで地域実習をさせて頂きました。

 コールメディカルの事は大学生の時に岡林先生が講義に来て下さっていたので、お話は聞いていたのですが実際に患者さんのお宅を訪問するのは暑い時期でもあり、また輸液や検査道具なども運ばなくてはならずかなり体力のいるものでした。

 私は今回の研修では次のような事を学ばせて頂きました。
 1つ目に、医療の現場が病院ではなくご自宅であると言う事です。病院内での少し緊張気味の患者さんも、訪問医療では患者さんがリラックスしており普段通りの生活をみる事ができました。またご自宅にて医療を受けられる事により患者さん本人にも家族にも自宅での生活を保てる点が良いなと実感いたしました。さらには、実際に訪問させて頂くことによりどのような生活環境かもわかるので病院で患者さんに問診だけでは得られないものがたくさんあり、患者さんに密着した医療ができると思いました。
 
 2つ目に、慢性期の患者さんのリハビリや在宅医療について学ばせて頂きました。いつも病院では急性期の患者さんを診させて頂いているのですが、その後の慢性期ではどういった事をしているのかなどがわかり以前よりは患者さんの立場で物事を考えられるようになった気がします。

 3つ目に、緩和医療での訪問医療の必要性について学ばせて頂きました。最後は自宅で家族に囲まれて迎えることができ、病院とは異なりいつもの落ち着いた場所で最後を迎えられるため病院にはできない在宅ならではの医療だと実感しました。

 今回の実習を通して、在宅医療では1日4〜6件など病院での外来診療の件数と比較して少ないものではありますが、在宅医療ならではの在宅医療にしかできないものがある事を学ばせて頂き大変有意義な研修をさせて頂きました。

 この2週間でお世話になったコールメディカルのスタッフの皆様大変有り難うございました。そしていつも汗だくになり、いつでも乗せていってあげると気を使って頂き有り難うございました。優しい皆さんのおかげでとても楽しい時間を過ごすことができました。
[PR]
by cmcweekly | 2014-08-26 09:14 | 感想
広島赤十字・原爆病院 研修医2年目 大塚彩加

 私は2014年8月1日より、地域医療研修としてコールメディカルクリニック広島で約3週間お世話になりました。第三の医療と言われる在宅医療ですが、これまではぼんやりとしたイメージ(自宅で訪問診療をしている?緩和ケア?)を持っていただけでした。今までの病院研修では入院中担当した患者さんが、退院して自宅に帰ったらどのように生活をしているのか、リハビリ病院に転院した後はどうなったのかはあまり知ることも、考えることもありませんでした。今回は折角の地域医療ということで在宅医療を実際に見てみたいと思い無理を言って研修をさせていただくこととなりました。
 研修初日、最初の往診先はグリーフケアでした。四十九日を過ぎ、亡くなってご家族と生前はどうだったとか、どんなものが好きだったかという会話をするだけでも家族のケアになっていると感じました。在宅医療で最期を迎えたことが患者さんにとっても、家族にとっても後悔のない選択だったのかなと思いました。在宅医療を選択するには周囲の協力や環境が不可欠ですが、今後は医療の選択肢として在宅医療を選択できる人が増えるような環境が整っていくことが望まれると思いました。
 病院での脳外科研修中に一時担当した患者さんの往診にも行くことができました。私が知っている中で入院中は意思疎通も困難で、自分で動くことも、食事摂取することもできませんでした。退院後はリハビリ病院転院し帰宅していました。往診に行きお会いすると入院中とは全く違った様子で、会話ができ、自分で食事を摂り、立つこともできるようになっており驚きました。今までは急性期に入院し、急性期を過ぎて安定したら転院していくという流れしか見ていませんでしたが、今後は転院してその後どうなっているのか、家での生活はどうなるのかといったことをイメージし、配慮していけるようになりたいと思いました。
 今回学んだことの一つに医師、看護師、リハビリ、栄養面、ケアマネージャー…といった多職種間連携の重要さがあります。チーム医療とはよく言われますが、普段は自分のやることで精一杯で考えることはあまりありませんでした。退院前カンファレンスでは患者さん本人、家族、ケアマネージャー、リハビリ、デイケア、看護師、医師など多職種間でのカンファレンスが行われており、一人の患者を在宅で診て行く事の大変さや幅広いケア、配慮が必要であることを実感しました。また、コールメディカルクリニックでは患者さんについての多職種の情報共有にも驚きました。医師、看護師、リハビリはもちろん事務の方々も患者さん、家族について把握していました。その他、普段は何をしているのか知らなかった、リハビリ往診(PT・OT・ST)に同行もさせていただきました。個々の患者さんの状況や希望に応じて運動療法、呼吸リハビリ等さまざまな事を行っていました。リハビリ中にも気になることがあればすぐに、医師、看護師に気軽に相談できる環境であることも魅力的だと思いました。
 今回の研修では普段病院での研修では見ることはなかったことを見て、たくさん知ることができました。何よりも在宅医療は患者さんが主体であることを痛感しました。3週間で様々な家に行きました。当たり前のことですが、患者さんも家族も、生活環境も経済状況もそれぞれ全く異なっています。病院での医療では患者さん個々の状況に合わせていくことに限界があると思いますが、在宅医療では患者さんの希望に応じることのできる範囲も広いと思いました。むしろ在宅医療はあくまでも患者さんの普段の生活の一部で、普段の普通の生活を送っていくためにサポートする立場だと感じました。
 最後になりますが、お忙しいところ研修を引き受けてくださり本当にありがとうございました。無礼なこともあったと思いますが、皆さん優しくしてくださりありがとうございました。患者さんも家族の方もみなさん優しくしていただき助かりました。今回の研修で経験したことを無駄にせず、役立てて行きたいです。まずは、今までよりは患者さんの退院後や家族、周辺の環境について考えていけるのではないかと思います。また、自分の勉強不足、経験不足も実感したのでコールメディカルクリニックの先生方のように患者さん、家族、医療従事者からも信頼されるよう勉強に精進していきたいと思います。
[PR]
by cmcweekly | 2014-08-25 18:09 | 感想
 今年の夏は台風や長雨が続き、すっきりしない日が多かったですね。
往診時に少しでも楽しいことがあれば、患者様の心も晴れるかも?と。
「吉本新喜劇所属」の石田ご兄弟先生のダジャレ攻撃が発せられます。

弟先生は院長よりは洗練されたダジャレを発せられるので、当たる確率が高いのですが。
院長先生は、多く投げれば一つは当たる?と洗練されないダジャレを連発され、やや寒い空気が流れる中、スタッフ一同いつか当たることを願いつつ、往診の時が冷やかに流れてゆきます。

今日も何連発のうち数発は笑顔が頂け、後半はなさけ?も半分入り、にが笑いのK様。

K様の本当の笑顔を取り戻す為、院長先生の隠れ技をご披露しました。
なんと院長先生、ピアノがお上手!!K様のお宅で「月のなんたら」を演奏!!
K様は目を閉じて聴き入られ、ご家族ご一同様もびっくり!!

本当の笑顔を取り戻せた、感動のひと時でした。院長先生!すごい!!

f0208667_1728444.jpg
[PR]
by cmcweekly | 2014-08-15 17:28 | プライベート公開

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly