<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

広島赤十字・原爆病院 研修医2年目 松原千春

地域医療実習の一環として、コールメディカルクリニック広島で大変有意義な研修をすることが出来た。
学生のときに岡林先生の講義を聞いて以来、在宅医療を自分の目で見てみたいという気持ちが強かったので、今回このようなチャンスを与えられたことに心より感謝の意を表したい。
在宅医療では、家族関係や家庭環境など、病院にいるとなかなか見えてこないような面を垣間見ることが出来、今まで病院で見てきたのは本当に一面だったのだと感じた。また、病院では急性期の状態を乗り切ると退院してしまうため、その後の状態を深く考えることがなかったことを痛感した。長期的に見ていると、病気は悪くもなり良くもなり、非常に波があるもので、患者がその波間にあって生きがいを持てるよう手助けするのが医療者の役割であり医療の心なのだということを学ばせていただいたように思う。また、往診では病院にいるときよりもはるかに深く家族と関わることが多かったため、家族のことを考えなければ本当に有意義なかたちで患者の力になることは出来ないのだということを強く感じた。闘病中に家族は非常に重要な役割を果たし、彼らの言動は病気に対する患者の姿勢に大きく影響する。そして患者が自らの病気を受容するまでに様々な段階を経るのと同じように、家族も同様の情緒的な反応を経験する。先生方やスタッフの方々は、その患者の家族構成や家族の結束、コミュニケーション能力、それに信頼できる隣人や友人がいるかなど、深い洞察力を持って把握しておられ、時には患者と家族の間の精神的な仲介者となることで、患者とその家族が病とともに生きていく手助けをされていた。そのような姿を間近で見ることが出来たことは、これから医療者として患者とその家族に関わっていくうえで大きな財産となったように思う。
最後に今回の研修でお世話になった先生方やスタッフの方々に心からお礼を申し上げたい。本当にありがとうございました。
[PR]
by cmcweekly | 2014-11-28 09:02 | 感想

我が家のアイドルたち

我が家には4歳の娘ちゃまと先月1歳になった息子くんがいます。
4歳の娘ちゃまは、身体を動かすのが大好き、わがまま真っ盛りの超おてんば娘です。
息子くんは、お姉ちゃんが大好きでお姉ちゃんのやることに興味津津。すごい勢いのハイハイでお姉ちゃまや大好きな車のおもちゃなどを追いかけまわしております。
まぁ、仲が良いのは嬉しいことですけどね(^^)/
そんな2人の日々の成長が楽しく、疲れ知らずの子供たちに振り回されつつも寝顔と笑顔に癒されています。

先日、娘ちゃんがお世話になっている保育園の先生に教えていただいたのですが、ままごとをして遊んでいた際の会話・・

先 生 : 『わーい!今日の夕飯はな~に~?』
娘ちゃま: 鍋をかき混ぜながら『今日はあるもので食べるんだよ!』

聞いた時は先生の手前笑っていましたが、内心はちょっぴり恥ずかしい(;一_一)
家での何気ない言葉遣いや夫との会話を娘ちゃまは聞いていて、遊んでいる時使っているかと思うと気をつけないといけないかも?!って思っている今日この頃です。

最近では、広島弁で話したり、怒ったりする娘ちゃまを見て、関西出身の夫は『広島弁しゃべってる?!』と不思議そうな顔をしていました。


今後も成長を楽しみに、我が家のアイドル達から目が離せないことは間違いないでしょう♪♪
[PR]
by cmcweekly | 2014-11-20 17:48 | プライベート公開

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly