認定作業療法士

作業療法士の資格を習得して、かれこれ十数年。
資格を習得した当時よりは、作業療法士の認知度も上がってきたと思います。
しかし、まだまだ世の中に知られていないな~と感じる事もありました。
それは、きっと自分の力が不足しているからだと思い、数年前に『認定作業療法士』の資格を習得しようと決心しました。
認定作業療法士になればきっとレベルアップするはず!そして、作業療法をもっと世の中に広める力も身につくはず!と。
この数年、全国各地の研修に参加し、抄録を書き、学会発表する事で、決められた条件をクリアーしました。そして、本年度『認定作業療法士』の資格を習得しました。

そして、レベルアップを実感できたかと言えば・・・う~ん・・・まだまだ未熟です。
でも、認定資格を習得する為に多くの経験をしました。そして、研修で全国の作業療法士に出合った事は自分の財産になりました。
今後も『認定作業療法士』の資格に恥じないように、更なるレベルアップをしていきたいと思っています。
[PR]
# by cmcweekly | 2014-10-10 17:23 | プライベート公開

女子会

コールメディカルクリニック広島に来て、1年半。
初めは大きな黒い往診バッグが重く、外が暑くて・寒くて、方向音痴な私は西区の道の狭さと複雑さに振り回されていました。
(いまだに団地や抜け道が苦手です。売りは攻めない守りの安全運転。○村先生にこの1年半、医療に関することだけでなく、運転技術も鍛えてもらいました。祝!!ゴールド免許更新!ありがとうございます。)

こんな私も、温かいみなさんのお陰で、少しずつ環境にも慣れ、自分のペースを掴めるようになってきました。

今回は、ワンフロアの事務所の中で上がる、楽しい素朴な疑問や話題の中から、2つの疑問を取り上げてみることにしました。

「往診バックは何キロある?」
あの黒い往診バッグですが、1人に1つず支給され、自分が使い易いように整理しています。今では携帯救急カートみたい!と思うくらい、自分にとって使い易いかばんとなりました。
測ると6Kgありました。
たかが6Kgのはず。なのに、気のせいですが、夕方になるにつれて重さが増す気がします。
引き続き、往診しながら左右でバランスよく持って筋トレを続けたいと思います。

「女子会は何歳まで女子会と呼んで良い!?」
私は気心知れた友人とちょこちょこ集まって気分転換をします。
しばらく女子会とくくっていたのですが、、、
「女子会って何歳まで呼んでいいの!?」「違和感がある」という意見が事務所であがり、30代以上の女性のみで集まる会を「婦人会」と呼ぶことにしました。
「婦人会」だと、なんだか感じが変わって、男性の前ではできない内緒の話や女性が盛り上がる話題を女性のみで話すというワクワク感が減退する気もします。

先日、いつもの友人達との集まりin倉敷を開催しました。

f0208667_1629327.jpg















あることに気が付きました。
新メンバーが加わり、平均年齢、なんと24歳!!
(32歳2名、31歳1名その子2歳女児 97歳÷4=24歳!!)
胸を張って、女子会です。

f0208667_16335152.jpg











最近は出かける度に天候不良でしたので、久しぶりに気持ちのいいお出かけになりました。
秋晴れの倉敷美観地区はとてもきれいで、外でも店でも盛り上がり、女性陣のみで過ごすふんわりした空気の流れる、リフレッシュ女子会でした。

「女子会に年齢制限なし!」ということで「女子会」と呼ぶことをお許し下さい。

f0208667_16364247.jpg
[PR]
# by cmcweekly | 2014-09-19 16:40 | プライベート公開
                    臨床評価実習を終えて
                                 朝日医療専門学校 理学療法学科
                                         3年 清水康平
 今回の臨床評価実習を終えて在宅医療の考え方が大きく変わりました。今まで訪問診療・リハビリというものは各職種がそれぞれ自分の仕事だけを行っていると思っていました。しかし、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・栄養士などが同じ事業所内で普段から多くコミュニケーションをとられていることで、いい情報も悪い情報もすぐに全員で共有し対応されていました。先生方でも上手くいかなくてはがゆいと思ったり、どうしていいか分からなかったりすることがあると言われていましたが、そういう時に他職種の方との連携をとることで少しでも患者様に対してできることを考え、実行していく姿勢を見て感銘を受けました。
 今回たくさんの訪問診療・リハビリに同行させていただきました。患者様だけでなく、ご家族様の様子なども感じ取り、患者様を取り巻く環境全てを把握し必要に応じてご家族様への声かけや他職種への情報提供をされていました。
 また実習の中で難病の患者様にも関わることができました。最初、難病の方は外出意欲も低く、マイナス思考であるというイメージを持っていました。しかし、できないことが増えていく中でも、やりがいのあること・やりたいことを見つけていく姿勢、社会のためになにかをしたいという考えを持たれており、難病に対するイメージが大きく変わりました。できないという考え方から、「やってみよう!」「できた!」という考え方に変えていけるように外出への促しなどを行い、QOLを向上させていくことも理学療法士の仕事になるのではないかと考えました。
 患者様に対してデイケアでは、自分でできることとできないことの見極めを行い、患者様自身でできることは時間がかかることでも、なるべく手を出さないという方針で介護をされてしました。「やってもらう」という受け身の介護からの脱却を図ることが大事だと教わりました。
 この先理学療法士となり働いていく中で、患者様のリハビリへの意欲・楽しみに繋げる配慮を行うことが重要だと思いました。患者様に興味を持ってもらえるような関わり方をしていき、いい意味で個性のある理学療法士となりたいと思います。そのために現状に満足せず、向上心を持って日々の勉強に取り組んでいきたいと思っています。病院とは違いいろいろな疾患と向き合えるからこそ、試行錯誤しながらリハビリを展開し、何かを達成する過程に携わることのできる楽しさが、患者様と長く関われる訪問サービスにはあると思いました。
 最後になりましたが、この3週間の実習でお世話になったコールメディカル広島の皆様、本当にありがとうございました。また、坂の途中で拾って下さった皆様、神様に見えました。本当に3週間ありがとうございました。
[PR]
# by cmcweekly | 2014-09-17 08:59 | 感想
空を見上げると綺麗なうろこ雲で、秋を感じますね。
外まわりの往診にとって、秋は心地よく往診出来る季節です。
これから冬にかけて変わっていく、紅葉も楽しみの一つですね。
往診していると、四季の移り変わりを本当に肌で感じます。
そして、夏と冬は体力勝負でもあります。そう、往診の基本は体力です。
コールスタッフの中でも最近は筋トレ?がちょっとしたブームになっていますが…。
そんなスタッフの中でも一番元気なのが理事長先生!
スタッフ皆から愛される先生、誕生日には欲張りにもケーキ2個でお祝いです。
理事長先生に目標を聞いたところ、「99歳」まで(写真参照)とのお答え。
目標の99歳まで一緒に?がんばりましょう!
理事長先生の為にも、頑張れカープ~♪

f0208667_1691865.jpg

f0208667_16111254.jpg
[PR]
# by cmcweekly | 2014-09-16 16:11 | プライベート公開
 JA広島総合病院 臨床研修医2年目白石剛章

 私は2014年7月28日〜8月8日までの2週間コールメディカルクリニックで地域実習をさせて頂きました。

 コールメディカルの事は大学生の時に岡林先生が講義に来て下さっていたので、お話は聞いていたのですが実際に患者さんのお宅を訪問するのは暑い時期でもあり、また輸液や検査道具なども運ばなくてはならずかなり体力のいるものでした。

 私は今回の研修では次のような事を学ばせて頂きました。
 1つ目に、医療の現場が病院ではなくご自宅であると言う事です。病院内での少し緊張気味の患者さんも、訪問医療では患者さんがリラックスしており普段通りの生活をみる事ができました。またご自宅にて医療を受けられる事により患者さん本人にも家族にも自宅での生活を保てる点が良いなと実感いたしました。さらには、実際に訪問させて頂くことによりどのような生活環境かもわかるので病院で患者さんに問診だけでは得られないものがたくさんあり、患者さんに密着した医療ができると思いました。
 
 2つ目に、慢性期の患者さんのリハビリや在宅医療について学ばせて頂きました。いつも病院では急性期の患者さんを診させて頂いているのですが、その後の慢性期ではどういった事をしているのかなどがわかり以前よりは患者さんの立場で物事を考えられるようになった気がします。

 3つ目に、緩和医療での訪問医療の必要性について学ばせて頂きました。最後は自宅で家族に囲まれて迎えることができ、病院とは異なりいつもの落ち着いた場所で最後を迎えられるため病院にはできない在宅ならではの医療だと実感しました。

 今回の実習を通して、在宅医療では1日4〜6件など病院での外来診療の件数と比較して少ないものではありますが、在宅医療ならではの在宅医療にしかできないものがある事を学ばせて頂き大変有意義な研修をさせて頂きました。

 この2週間でお世話になったコールメディカルのスタッフの皆様大変有り難うございました。そしていつも汗だくになり、いつでも乗せていってあげると気を使って頂き有り難うございました。優しい皆さんのおかげでとても楽しい時間を過ごすことができました。
[PR]
# by cmcweekly | 2014-08-26 09:14 | 感想

CMC広島のスタッフが毎週更新していきます。お楽しみに☆


by cmcweekly